あなたは、食料品を買うときに損をしていませんか?

 スーパーなどで購入する食料品の多くは、トレー、ふた付容器、ビニール袋などで包装されており、これらの商品の販売の際には様々な表記義務が課せられています。(100グラム当たりの単価、内容量、包装した者の氏名又は名称及び住所を明示するなど)

また、この場合のトレーなどの容器のことを「風袋(ふうたい)」とよび、その重さは、食料品の重さに含まないことになっています。

商品に表示された内容量と実際の内容量の差については、許容される誤差の範囲を計量法で基準を定めています。

北海道計量検定所は、特定市(計量行政事務を行うことのできる市で、札幌市、函館市、小樽市、旭川市、室蘭市、釧路市、帯広市及び苫小牧市)と連携して道内のスーパーなどに立ち入り、計量法の基準に沿って商品が販売されているか、内容量の表記、計量器の取扱いが正しく行われているかを検査し、改善が必要な場合にあっては指導をしています。

 食料品の内容量に含まれないモノの例
○商品の内容量に含まれない風袋には、トレーやラップ、プラスチック製フタ付き容器、吸水紙、バラン等があります。
○ワサビ、しょう油、ドレッシング、たれ、スープ、ツマ等の薬味、添え物も商品の内容量に含まれません。

【問い合わせ先】
北海道計量検定所:011-572-1788
(ホームページ https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/krk)
函館支所:0138-47-9519
旭川支所:0166-46-4937
釧路支所:0154-41-4019
北見支所:0157-23-5263

カテゴリー

page top