鳥インフルエンザ対策にご協力を

 野鳥との接触などに注意しましょう。
 鳥インフルエンザは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除き、通常、ヒトには感染しないと考えられています。
 また、肉や卵を食べることによってヒトに感染することは世界的にも報告されていません。
 皆様におかれましては、次の点に注意して、ウイルスが広まることを防ぎましょう。

・ 鶏などの飼養農場には、必要がない限り立ち入らないようにしましょう。
・ ペットとして鳥類を飼育している方は、野鳥が近づかないように気をつけましょう。
・ 死んだ野鳥や弱っている野鳥を見つけても、素手で触らないでください。
  (最寄りの総合振興局・振興局の環境生活課に連絡してください。)
・ 鳥のフンなどに触ったら、手洗いとうがいをしましょう。
・ ウイルスをほかの地域に運んでしまうおそれがあるので、野鳥のいる水辺などを訪れ
  たときは、念のため靴底を洗いましょう。

鳥 (PNG 130KB)

【問い合わせ】
 農政部生産振興局畜産振興課家畜衛生係
 電話 011-204-5441(ダイヤルイン)
 環境生活部環境局自然環境課野生鳥獣係
 電話 011-204-5205(ダイヤルイン)

カテゴリー

page top