ヘルプマークの導入について

 北海道では、ヘルプマーク及びヘルプカードを導入しました。
(1)ヘルプマーク・ヘルプカードについて
ヘルプマークとは、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方が、着用することで周囲の方に配慮を必要としていることを知らせる、援助が得やすくするものです。
 ヘルプカードとは、障がいのある人などが持ち歩き、災害時や緊急時など、周囲の人に手助けを求めたい時などに提示することで、手助けを求めるものです。

(2)配付対象者
ア ヘルプマーク
  外見からは配慮や援助が必要と分かりにくい方
  *ヘルプマークの配付に当たっては、手帳などの提示は不要ですが、
   氏名や必要な理由(障がいの有無など)について、受付時に記載していただく
   必要があります。
イ ヘルプカード
  障がいなどがあり、周囲から手助けが必要な方

マーク (PNG 60KB)

カード (JPG 19.4KB)

(3)配付場所
 各市町村の窓口
 ヘルプカードについては窓口での配付の他、北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課のホームページにも様式を掲載していますので、ご自身で印刷しご利用ください。
 なお、各市町村からの配付は、準備が整い次第の開始となります。配付時期、配付場所については、各市町村へお問い合わせ下さい。

【問い合わせ先】
  保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課地域支援係
  電 話  011-231-4111 内線25-731
FAX  011-232-4068

カテゴリー

page top