住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の給付金を各市町村が支給しています。

支給の対象となるのは、「基準日(令和3年12月10日)において、世帯全員の令和3年度住民税均等割が非課税の世帯」と、「令和3年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、世帯全員が住民税非課税相当となった世帯」です。

給付金を受給するためには、手続きが必要であるため、詳しくはお住まいの市町村にお問合せください。

カテゴリー

page top