春山登山での遭難防止について

 暦の上では春を迎えましたが、山はまだ冬のままです。穏やかな状況から一変して、突然猛吹雪になり、視界不良となることがあります。
 また、雪面の状態も激しく変化し、なだれや滑落の危険性も高まります。
 登山やスキー・スノーボードで春山に入る方は、備えを万全にし、遭難事故を起こさぬよう次のことに注意して楽しんでください。
 なお、登山計画書は、登山で道に迷ったり、怪我をするなどして行動不能となった場合、あなたの情報を迅速に収集し、救助活動に役立てるための手段として大変重要なものです。
 「登山計画書の提出が面倒」・「日頃よく登っている山だから大丈夫」・「遭難するはずがない」とは考えずに、登山計画書を忘れずに提出しましょう。

■ 登山計画書とは?
 ①登山者の氏名・年齢・連絡先・予定登山ルート・装備等を記入し提出します。
 ②登山計画書を作成することにより登山計画を見直すことができるため、遭難防止の第一歩となりま
  す。

■ どうやって作成・提出するの?
 北海道警察ホームページで作成・提出、様式の印刷ができるほか、印刷した用紙に必 要事項を記載の上、家族や職場、警察署などにも登山計画書を提出しましょう。
 また、(公財)日本山岳ガイド協会「コンパス」でも提出することができます。
<北海道警察ホームページ(安全登山情報)>

■ 登山の前のチェック事項
 ①エスケープルート(万一の時の逃げ道)は考えていますか。
 ②気象情報を入手する手段はありますか。(ラジオなど)
 ③応急措置のための知識と医薬品・器具は整えましたか。
 ④雪山に関する知識・心構えと装備は整えましたか。(雪崩ビーコンなど)
 ⑤緊急時の連絡手段は用意しましたか。(携帯電話・無線など)
 ⑥過去の事故を確認しましたか。
 ⑦山岳保険への加入について、検討されましたか。

 【問い合わせ】
  総務部危機対策局危機対策課危機管理係
  電話 011-204-5014(ダイヤルイン)

カテゴリー

page top