アスベスト(石綿)訴訟の和解手続について

 石綿(アスベスト)工場の元労働者やその遺族の方々が、国に対して訴訟を提起し、一定の要件を満たすことが確認された場合には、国は、訴訟の中で和解手続を進め、損害賠償金をお支払いします。

◆和解の要件について
①昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、局所排気装置を設置すべき石綿工場内において、石綿粉じんにばく露する作業に従事したこと。
②その結果、石綿による一定の健康被害を被ったこと。
③提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること。
◆和解により国がお支払いする賠償金の額は、疾患の種類や病状によって異なります。
◆詳細については、最寄りの法テラスや弁護士会などにご相談ください。

・法テラス(日本司法支援センター)

電話番号  0570-078374 (平日9:00~21:00 土曜日9:00~17:00)

・日本弁護士連合会

【問い合わせ先】
  経済部労働政策局雇用労政課働き方改革推進室就業環境係
  電話番号:011-204-5354
URL:https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/rsf/roudouanzeneiseitop.html

カテゴリー

page top