「発達障がい」みなさんにわかってほしいこと

  発達障害者支援法において、「発達障害」は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」(発達障害者支援法における定義 第二条より)と定義されています。
  これらのタイプのうちどれに当たるのか、障害の種類を明確に分けて診断することは大変難しいとされています。障がいごとの特徴がそれぞれ少しずつ重なり合っている場合もあります。
また、年齢や環境により目立つ症状が違ってくるので、診断された時期により、診断名が異なることもあります。
 大事なことは、その人がどんなことができて、何が苦手なのか、どんな魅力があるのかといった「その人」に目を向けることです。そして、その人その人に合った支援があれば、だれもが自分らしく、生きていけるのです。

障がい特性

特   

広汎性発達障害(PDD:pervasive developmental disorders)

自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット障害、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害を含む総称です。

自閉症

自閉症スペクトラムと呼ばれることがあります(スペクトラムとは「連続体」の意味)。

次の3つの特徴をもつ障害で、3歳までには何らかの症状がみられます。

対人関係の障がい

コミュニケーションの障がい

限定した常道的な興味、行動、活動

アスペルガー症候群(Asperger syndrome)

対人関係の障害があり、限定した常同的な興味、行動および活動をするという特徴は、自閉症と共通した障害です。明らかな認知の発達、言語発達の遅れを伴いません。

学習障害(LDLearning DisordersまたはLearning Disabilities

全般的な知的発達に遅れはないのに、読む、書く、計算するなどの特定の能力を学んだり、行ったりすることに著しい困難がある状態をいいます。

注意欠陥多動性障害(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)

注意持続の欠如若しくは、その子どもの年齢や発達レベルに見合わない多動性や衝動性、あるいはその両方が特徴です。

以下の3つの症状は通常7歳以前に現れます

多動性(おしゃべりが止まらなかったり、待つことが苦手でうろうろしてしまったりする

注意力散漫(うっかりして同じ間違いを繰り返してしまうことがある

・衝動性(約束や決まり事を守れないことや、せっかちでいらいらしてしまうことがよくある

 思春期以降はこういった症状が目立たなくなるとも言われています。

トゥレット症候群(TS:Tourette's Syndrome)

 多種類の運動チックと1つ以上の音声チックが1年以上にわたり続く重症なチック障害です。多くの場合は成人するまでに軽快する方向に向かうと言われています。

運動チックとは

 突然に起こる素早い運動の繰り返しです。目をパチパチさせる、顔をクシャッとしかめる、首を振る、肩をすくめるなどが比較的よく見られ、時には全身をビクンとさせたり飛び跳ねたりすることもあります。

音声チックとは

  運動チックと同様の特徴を持つ発声です。コンコン咳をする、咳払い、鼻鳴らしなどが比較的よく見られ、時には奇声を発する、さらには不適切な言葉を口走ることもあります。

※このような運動や発声を行いたいと思っているわけではないのに行ってしまうということがチックの特徴です。

吃音[症]とは

一般的には「どもる」ともいわれる話し方の障害です。なめらかに話すことが年齢や言語能力に比して不相応に困難な状態であり、下記ホームページに示すような特徴的な症状(中核症状)の一つ以上があるものをいいます。


発達障がいを理解していただくためのホームページアドレス
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/4/3/0/3/8/1/3/_/hattatutte.pdf

 

カテゴリー

page top