北海道内7空港の運営委託に係る実施方針の公表

北海道内7空港の運営委託に係る実施方針の公表について

 北海道は、国土交通省・旭川市・帯広市とともに、民間のノウハウを活かして北海道内7空港の利用促進・サービス向上を図るため、平成32年度から女満別空港の運営を民間に委託することを決定し、事業の概要等を定めた「実施方針」を策定しました。
 ※ 国管理空港(新千歳、稚内、釧路、函館)、特定地方管理空港(旭川、帯広)、地方管理空港(女満別)

1.実施方針の概要

・事業期間:30年間(不可抗力等による延長含め最長35年間)
・事業範囲:空港運営等事業、ターミナルビル事業、駐車場事業 等
・事業方式:道は、公募により運営権者を選定
                  運営権者は、滑走路等の運営とターミナルビル等の運営を一体的に実施
        地方管理3空港については「混合型」の制度設計とし、地方管理3空港は「公的最大負担額の削減額」に
        ついて、管理者毎に提案を受ける
               ※運営権者は、女満別空港の運営に加え、国管理4空港・旭川空港・帯広空港の運営も実施

2.実施方針に関する合同説明会の実施

 北海道内7空港の一括運営委託に係る実施方針に関する合同説明会を平成30年4月5日(木)に国土交通省、旭川市、帯広市及び道において合同で開催いたします。合同説明会に関する詳細や申込方法等については下記添付資料をご参照ください。

3.実施方針に関する意見の受付

 本実施方針に関し、平成30年4月5日(木)17:00より4月20日(金)15:00までの期間で意見を受け付けます。意見の提出方法等については下記添付資料をご参照ください。

4.今後のスケジュール(予定)

・平成30年4月頃    募集要項等の公表
・平成31年7月頃    優先交渉権者の選定
・平成31年10月頃   実施契約の締結
・平成32年6月頃~  順次空港運営事業開始
               ・平成32年6月頃:新千歳空港
               ・平成32年10月頃:旭川空港
               ・平成33年3月頃:稚内空港・釧路空港・函館空港・帯広空港・女満別空港

<実施方針等添付資料>

北海道内7空港特定運営事業等実施方針(概要)
女満別空港特定運営事業等実施方針
女満別空港特定運営事業等実施方針(英語版)
Implementation Policy on the Qualified Project, etc., for the Operation of Memanbetsu Airport

実施方針に関する補足資料
実施方針に関する補足資料(英語版)
Hokkaido 7 Airports Implementation Policy Briefing

北海道内7空港運営委託に向けた現時点での想定スケジュール
北海道内7空港の概要
実施方針に関する合同説明会及び意見の受付について(詳細)
(別添1)実施方針に関する合同説明会の参加申込書
(別添2)冒頭カメラ撮り申込用紙
(様式1)実施方針に関する意見書

【他空港管理者のホームページ】
北海道内国管理4空港特定運営事業等実施方針の公表について(平成30年3月29日)
旭川空港運営事業等実施方針の公表について(平成30年3月29日)
帯広空港運営事業等実施方針の公表について(平成30年3月29日)

       

  【 お問い合わせ 】
   北海道総合政策部空港運営戦略推進室
   〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
     電話 011-231-4111(内線23-888) 011-204-5559(直通)
     FAX 011-232-0152
     メール  sogo.senryaku@pref.hokkaido.lg.jp
        (送信の際は、@を半角にしてください)
  

カテゴリー

航空港湾局航空課のカテゴリ

page top