北海道遺産・北海幹線用水路


北海道遺産・北海幹線用水路


9.「北海幹線用水路」(空知地域)


yousuiro.jpg

赤平市から南幌町まで延長約80kmにおよぶ北海幹線用水路は、農業専用では日本でもっとも長い。空知平野の農地に水を供給するために設けられたもので、北海道の穀倉を支える役割を果たしている。空知用から水を取るために大正13年に着工された北海頭首工を起点に、美唄市には調整池が、岩見沢市などの市街地では親水公園が整備されている。

カテゴリー

地域創生局地域政策課のカテゴリ

page top