アドバイザー17 吉岡宏高氏


吉岡宏高氏


北海道地域づくりアドバイザー プロフィールカード

(1)氏名
   吉岡 宏高(よしおか ひろたか)

(2)職業
    札幌国際大学 観光学部 国際観光学科 教授
    まちづくりコーディネーター
     NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 理事長

(3)アドバイス分野

協働による地域づくり
(ファシリテーター、協働コーディネーター)

まちづくり
(コミュニティの再生・形成)
地域経営
(行財政改革など)
集落・
過疎対策

地域資源の活用

コミュニティビジネス

観光

自然環境

地域文化

商品開発
・流通

その他

 

 

 

 

 

 

 

 


(4)職歴
○(株)たくぎん総合研究所主任研究員(1992-97)
○まちづくりコーディネーター(1997-)
○札幌国際大学観光学部(2004-)

(5)行政の各種委員等の履歴

○北海道観光審議会特別委員(北海道/2000~2001年度)
○北海道地域づくりアドバイザー(北海道/1995年度~)
○そらち・炭鉱のまちからの挑戦事業地域づくり検討委員会副委員長
 (空知支庁/2001~2003年度)
○活力ある市街地づくりの推進方策に関する調査研究会副座長
 (北海道市町村振興協会/2001~2002年度)
○日高・広尾地域における生活モビリティ形成検討委員会委員長(北海道運輸局/2004年度〜)
○恵庭市総合計画審議会委員(恵庭市/2004〜2005年度)
○過疎地域を考える懇話会委員(北海道/2006〜2008年度)
○空知産炭地域活性化戦略会議委員長(空知支庁/2007〜2008年度)
○産業観光検討会議委員長(北海道経済部/2007年度)
○道央地域観光戦略会議会長(北海道経済部/2008〜2012年度)
○清水町総合計画策定アドバイザー(2009〜2010年度/清水町)
○小樽市文化財審議委員(小樽市教育委員会/2013年度〜)
○北海道地域おこし協力隊起業支援プログラム検討会議・人材育成検討会議座長
 (2014〜2015年度/北海道総合政策部)
など公職を多数歴任。


(6)地域における活動歴

○空知産炭地域における炭鉱遺産を活用した地域再生
○札幌市における公共交通とまちづくりに関する市民提案

○霧多布湿原における市民政策形成


(7)最近の活動内容

NPO的な立場から、地域の自立的な活動を支援するための活動を展開しています。
ワークショップなど市民参加型による政策づくりや、計画書・構想書の作成支援などを通じて、
地域の皆さんが自分たちの手で未来を切り開いていくことのできる態勢づくりをお手伝いして
います。

(8)指導・助言の内容
何から手を付けて良いかわからない、やりたいことはあるのだが方法論がわからない…でも何か
をしなければ地域の未来はない…と思っておられる地域の方々と、地域特性にあった展開策を
一緒に考えていければと思います。

カテゴリー

地域創生局地域政策課のカテゴリ

page top