水産統計(北海道水産現勢)~よくある質問(FAQ)~

よくある質問(FAQ)

Q1_昨年の水揚げを知りたい。

北海道水産現勢の「概報」を公表していますのでそちらをご覧ください。
また、国が調査する統計(海面漁業生産統計調査)は、集計年の翌年5月末頃に概数値が、次の年の2月頃に確定値が公表されています。
ただし、調査方法が道と国では異なるので注意願います。
なお、北海道水産現勢の「確報」は、集計年の翌年12月に公表する予定となっています。

Q2_港湾、漁港別の水揚げを知りたい。

「北海道水産現勢」の集計単位は、市町村となっています。そのため港湾、漁港別の水揚げはわかりかねます。

Q3_サンマの水揚げ1位の市町村は、どこか?また、全国でも1位か?

道内水揚げ1位の市町村は、北海道水産現勢(確報)の市町村別魚種別生産高を確認願います。
また、全国順位はわかりかねます。
なお、平成30年以前の全国の市町村別生産量は、農林水産省が実施する「海面漁業生産統計調査」の結果で公表されています。

Q4_根室振興局におけるサンマの過去20年間の水揚げ量を知りたい。

マリンネット北海道データベース検索にある「年別検索」で、1991年(平成3年)以降の水揚げを検索できるので活用願います。

Q5_「ふぐ」の生産高はありませんか?

「ふぐ」は「その他魚類」として集計しています。
※なお「ふぐ類」については、農林水産省が実施する「海面漁業生産統計調査」「漁業算出額」の結果で公表されています。

Q6_北海道水産現勢の魚種分類は?

水産現勢の魚種分類は、集計開始以来幾度かの改定がなされ、現在の分類は2008年(平成20年)から適用されています。
[確報 63種]
にしん、まいわし、かたくちいわし、さけ、ます、たら、すけとうだら、こまい、ほっけ、さば、さんま、ひらめ、まがれい、ひれぐろ、すながれい、そうはち、あかがれい、くろがしらかれい、まつかわ、その他のかれい類、めぬけ、きちじ、まぐろ、ぶり、さめ類、いかなご、ししゃも、はたはた、あいなめ、そい類、その他の魚類、するめいか、あかいか、やりいか、その他のいか類、みずだこ、やなぎだこ、なまこ、たらばがに、毛がに、花咲がに、ずわいがに、その他のかに、えぞばふんうに、きたむらさきうに、ほっかいえび、ほっこくあかえび、とやまえび、その他のえび類、その他の水産動物、ほたて貝、ほっき貝(うばがい)、あわび、かき類、つぶ類、あさり、ばかがい、いがい、その他の貝類、こんぶ、わかめ、その他の海藻類、くじら
[累年 59種]
上記確報より、その他の魚類、その他の水産動物、その他の貝類及びその他の海藻類を除いた魚種

Q7_国が実施している調査統計と数量が大きく異なっているのは何故か?

道と国で、調査方法が異なることが大きな要因と考えられます。

カテゴリー

総務課のカテゴリ

page top