森林のもつ二酸化炭素の吸収・貯蔵機能

森林のもつ二酸化炭素の吸収・貯蔵機能について

 私たちは、呼吸により酸素を取り込み、二酸化炭素を放出しています。また、生活においても、灯油や電気の消費などに伴い二酸化炭素を排出しています。

 森林は、光合成により大気中の二酸化炭素を吸収し、炭素を貯蔵しながら成長することから、二酸化炭素の吸収源・貯蔵庫として重要な役割を発揮しており、地球温暖化防止に貢献しています。

 このページでは、森林が二酸化炭素を吸収・貯蔵する働きについて、ご紹介します。

 なお、森林が二酸化炭素を吸収・貯蔵する働きについて、以下のパンフレットにまとめています。(2009年10月)

森林が二酸化炭素を吸収・貯蔵する量を調べてみよう!

一本の樹木はどれくらい蓄えているの?

Co2を吸収する樹木

森林1ヘクタールではどのくらい蓄えているの?

パソコン(エクセル)で計算してみよう!

 北海道の各市町村毎に樹種、林齢ごとにヘクタールあたり等で、森林が二酸化炭素を吸収・貯蔵しているおおよその量が推定できます。

私たちの生活と比較すると?

人の呼吸量と比較すると?

生涯の呼吸量では

 道民一人がその生涯で呼吸により放出する二酸化炭素量は、炭素重量で約6.4トンです。これは、一本のトドマツが80年かけて吸収する二酸化炭素量の約30本分に相当します。

道民一人あたり生涯とトドマツ本数

年間の呼吸量では

 道民一人が年間で呼吸により放出する二酸化炭素量は、炭素重量で約0.08トンです。これは、一本の80年生のトドマツが一年間に吸収する二酸化炭素量の約20本分に相当します。

生活による排出量と比較すると?

生涯の生活では

 道民一人が生涯の生活で排出する二酸化炭素量は、炭素重量で約250トンです。これは、一本のトドマツが80年かけて吸収する二酸化炭素量の約1,300本分に相当します。

道民一人あたり生涯排出量とトドマツ本数

一年間の生活では

 道民一人が一年間の生活で排出する二酸化炭素量は、炭素重量で約3.11トンです。これは、一本の80年生のトドマツが一年間に吸収する二酸化炭素量の約900本分に相当します。

住宅と比較すると?

 一般的な二階建て住宅に必要な木材の総体積は、約20~25立方メートルです。これは、炭素重量で3~4トン(道民約40~50人が一年間に呼吸で放出する量)に相当します。

その他(リンク)

カテゴリー

林務局森林計画課のカテゴリ

page top