漁業秩序の確立について


漁業秩序の確立について



取締の重点的取組

漁業秩序の確立について


1 現状と課題

 本道の漁業は、限られた資源と漁場を有効に活用していく資源管理型漁業の推進が強く求められており、このためには資源量に応じた適正な操業体制づくりを進めるための漁業秩序の確立が大切です。
 しかし、一部漁業者による毛ガニ等の密漁や、レジャーシーズンを中心とした非漁業者によるウニ・アワビ等の密漁が続いており、近年は、特に価格の高いナマコを狙って潜水器を使用し、暴力団関係者が関与した組織的な密漁が発生しています。      
   また、北方四島周辺海域で行われている「安全操業」において、道内漁船の違反行為によりロシアから銃撃される事件が発生したほか、オホーツク宗谷海域では、かにかご漁具の紛失や違法漁具が敷設されるなどの事件が発生しています。                                 さらには、刺し網により秋サケを採捕し所持・販売する違反行為が発覚するなど、漁業秩序の確立に問題が生じています。


2 漁業秩序の確立に向けた取組

 このため、道では、指導・取締に当たって、毎年度「指導・取締方針」を策定し、本庁取締班と振興局水産課、漁業取締船による指導・取締を行うほか、海上保安部や警察などの取締機関との連絡会議の開催や合同取締の実施など、連携を密にして密漁防止に努めることとしています。                                また、漁業者等が組織する北海道密漁防止対策協議会が実施する密漁防止の取り組みへの支援を行うとともに、新聞などを通じ密漁防止のための啓蒙・啓発を行っています。              密漁や違反行為をなくすためには、今後も取締機関と連携を密にするとともに、何よりも浜からの情報が重要であるため、浜と一体となった体制づくりを進めるなど、漁業秩序の確立に向けて取り組んでいきます。


3 指導・取締の対象とする主な魚種・漁業等

(1) 資源の維持・管理を強めなければならない魚種
   ・太平洋、オホーツク海海域 ・・・ 毛ガニ、秋サケ、ウニ、ナマコ              ・日本海海域 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ウニ、アワビ   

     ・増殖河川及び河口周辺 ・・・・・・・ 秋サケ


(2) 沿岸漁業との協調関係を維持する必要がある漁業等
   ・日本海、太平洋、オホーツク海海域・・・・・・・ 沖合底びき網漁業           ・日本海、津軽海峡海域 ・・・・・・・・ 遊漁(トローリング、へら曳き)           ・オホーツク、胆振、檜山、後志海域・・・・サケ・マス遊漁                                             (船釣りライセンス船)                                         
(3) 国際的信義を維持しなければならない漁業
  ・道東太平洋海域 ・・・・・・・・・・・・・・ 小型さけ・ます漁業
   ・根室、宗谷の日ロ境界海域 ・・・・ かご漁業、刺し網漁業(越境防止)

                                                 

 

カテゴリー

page top