北方領土体験学習

北海道では、若い世代の人たちが北方領土問題に関心を高め、正しい理解を深めてもらうきっかけとなるよう、
道内の中学生と高校生を対象に、北方領土の最も盛んな産業であった漁業に関する体験学習を実施します。

参加希望の学校は、次によりご応募願います。

実施時期

令和3年(2021年)9月中旬から10月末まで

実施場所

標津町

実施内容

・北方領土学習

・北方領土の語り部(元島民等)による講話

・漁業体験学習(詳細は、実施要領をご覧ください。)

・北方領土体験学習実施要領(実施要領 (PDF 74.7KB)

応募資格

道内の中学校または高等学校

募集校数及び募集定員

2校80人まで(1校あたり40人まで(教員を除く))  

募集期間

令和3年(2021年)8月20日(金)から令和3年(2021年)9月3日(金)まで(必着)

※応募定数になり次第、募集を締め切ります。

応募方法

北方領土体験学習参加校応募用紙に記載の上、FAX、郵送またはメールにより応募願います。

・北方領土体験学習参加校募集要領(募集要領 (PDF 92.1KB)

・北方領土体験学習参加校応募用紙(応募用紙 (XLSX 37.9KB)

【応募先】
  〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 北海道総務部北方領土対策本部北方領土対策課
  電話:011-204-5069(直通)
  FAX:011-232-1780
  メール:ryodo.kikakuc@pref.hokkaido.lg.jp
       ※送信の際は、@(全角)を@(半角)に変更してください

実施日及び費用

・詳細な日程については、応募時にご相談ください。

・体験学習受講に係る費用は、北海道で負担します。

・出発地から体験学習実施場所までの往復交通費及び宿泊費は、原則自己負担とさせていただきます。
 (一部交通費については、予算の範囲内で、北海道が負担することが可能ですのでご相談ください。)

 

カテゴリー

北方領土対策本部北方領土対策課のカテゴリ

page top