主な事業の紹介

各事業の写真をクリックすると、業務内容や整備事例がご覧になれます。


□ 水田の整備

 

21-0daikukaku.jpg

 

  地域農業の中核となる経営体を育成し、効率的・安定的な水田経営の確立を図るため、ほ場の大区画化・汎用化や用排水施設などの農業生産基盤の整備に取り組みます。
  また、より効率的な営農に向けて、ICT の導入や地下かんがいを利用した乾田直播栽培などの省力化技術に対応するための整備や、新たな施工機械や反転均平工法などの整備手法の導入による低コストな整備を進めています。

 □ 畑地の整備

 

03hatakan.jpg

 

  畑地農業の担い手を育成又は支援し、経営規模の拡大や生産性の向上による経営の安定化等を図るため、排水改良による湿害対策や客土による土づくりなどを総合的に実施します。
  また、良質な農産物の安定生産や作物導入の選択制を広げる畑地かんがい等の整備を契機に、高収益作物の導入を進めています。

 □ かんがい排水の整備

 

上幹線 L型ブロック.JPG

 

  農作物の増収や品質向上、生産コストの低減などを図るとともに、田畑輪換等を通じた水田の有効利用を促進するため、排水改良を推進します。
  また、既存の農業水利施設の長寿命化を図り、ライフサイクルコストを低減するため予防保全対策を実施します。
  そのほか、農業用水が有している生態系の保全、防火用水、景観親水といった多面的な機能の維持・増進に資する施設の整備を行い、農村地域における生活空間の質的向上を図るとともに、地域一体となった新たな農業水利施設の維持・保全体制の確立を図ります。

 □ 草地等の整備

 

05bokusou.jpg

 

 担い手への農地の利用集積等を通じた作付規模の拡大に合わせて、飼料増産に向けた草地の整備改良や公共牧場、TMRセンターなどの利用施設の整備を行い、酪農の経営改善を支援します。
 また、畜産クラスター計画を策定した地域において、地域ぐるみで効率的な飼料生産を一層進めるため、収穫作業等の受託や大型機械化体系に対応した草地・畑の一体的整備、草地の大区画化等の基盤整備を推進します。

 

 

 

 


農地整備課のトップページへ戻る

カテゴリー