北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画

「北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画」、「農業機械導入計画策定の手引き」について

 

平成26年3月31日

 平成21年3月策定の「北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画」及び「農業機械導入計画策定の手引き」を改定し、新たな計画及び手引きを策定しました。

1 改定の理由
  農林水産大臣は、農業機械化を促進するため、高性能農業機械等の計画的な試験研究、実用化の促進及び導入に関する措置として、農業機械化促進法(昭和28年法律第252号) 第5条の2第1項により、高性能農業機械等の試験研究、実用化の促進及び導入に関す る基本方針(以下「基本方針」という。)を定めることとされており、都道府県知事は、同法第5条の3により基本方針に即し、特定高性能農業機械の導入計画を定めることができることとされています。
  また、基本方針が策定された場合、都道府県が策定する導入計画の作成・運用のための統一的な指針として「特定高性能農業機械の導入に関する計画の策定及びその取扱いについて(ガイドライン)」が示され、これに基づき、道は「北海道における特定高性 能農業機械の導入に関する計画」を定め、運用しています。
  基本方針は、政令によりおおむね5年ごとに定めることとされてますが、今回は平成25年5月16日に改定され、これに伴い改定された「ガイドライン」(生産局長、農村振興局長通知)に基づき「北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画」 改定しました。
  また、同時に、今般の改定や農業機械を取り巻く情勢を踏まえて「農業機械導入計画策定の手引き」を改定しました。

2 改定のポイント
(1)「北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画」について
  農業機械化促進法施行令、基本方針において、農業経営改善のために計画的に導入促進するとしている「特定高性能農業機械」の種類が変更されたことにより 「ガイドライン」が修正されたことに伴う改定。
  ・追加 にんじん用収穫機、ほうれんそう用収穫機、飼料作物用収穫機
  ・削除 ごぼう用収穫機、野菜残さたい肥化装置、簡易草地更新機

(2)「農業機械導入計画策定の手引き」について
  ア 各種GPSガイダンスシステムなどが実用化してきていることから「ICTを活用した農業機械導入時考慮すべき事項」を追加。
  イ (地独)道総研農業試験場の研究成果より「簡易推定法による燃料消費量の算定」を追加。

3 その他
  資料の利用に当たって不明な点については、以下にお問い合わせください。
   北海道農政部生産振興局技術普及課農業環境係
     電話 011-204-5429(直通) 内線27-837

 

  ◆ 「北海道における特定高性能農業機械の導入に関する計画」(PDF414KB)

  ◆ 「農業機械導入計画策定の手引き」(PDF956KB) 

 

 

カテゴリー

生産振興局技術普及課のカテゴリ

page top