どさプラMS催事(有楽町店)

北海道どさんこプラザ(有楽町店)マーケティングサポート催事

北海道どさんこプラザ

「北海道どさんこプラザ」は、販路拡大・商品開発などに取り組む道内企業の方々を応援するための北海道の公式アンテナショップです。
マーケティングサポート催事では、「北海道どさんこプラザ(有楽町店)」の催事スペースを利用して、道産品の展示紹介、市場調査等を目的とした対面販売等を実施できる制度です。

  • 道産品(一次産品含む)のPR・販売(新商品の発表も可)
  • 北海道観光のPR
  • 北海道内自治体のPR
  • その他プラザの設置目的に適合すると認められる催事

※「道産品」とは道内で生産・製造又は加工が行われたもので、最終消費者に対して販売するもの(農林水産物、加工食品、工芸品等)です。

応募者の要件

応募できる方は、次のいずれかに該当する方です。

  1. 道内に事務所又は事業所を有する企業、個人や公益的な団体のうち、道産品の生産、製造、加工を行っている方(卸売業者や仕入販売業者は該当しません)
  2. 北海道、道内の市町村、商工会議所、商工会、物産協会、観光協会

販売商品の要件

催事会場で販売できる商品は、次のとおりです。

  1. 自ら生産、製造、加工した道産品
  2. 自社企画商品で道内で委託製造している道産品(上記1に付随して販売する場合に 限ります。)

催事の利用条件(開催期間・スペース・利用料等)

1.開催期間

催事の開催期間は、原則として一週間単位です。
(毎週水~火曜日の一週間が開催基本期間です。開催期間が7日間未満の催事も実施できます)

2.催事スペース及び備品の利用等

平成28年5月の店舗改装により、実演販売が可能となりました!

  • 催事スペースは、約5.3平方メートル(厨房 約2.4含む)です。
  • 備え付けの販売台等は無料で貸出いたします。
  • 1,500 × 900 冷蔵・冷凍切替販売台1台
  • 1,400 × 300 常温商品やパンフレット等を設置できる棚1台
  • 実演厨房内コールドテーブル(冷蔵)1台
  • 施設の制約上、直火やガス調理器の使用及び煙が出る調理は不可
  • PRの為のDVDモニターが使用可能です。北海道にある店舗のPR、商品のPR、地域のPR等にご利用ください。
  • 初めて催事を行う方にも、催事ノウハウの提供や什器貸出し先の紹介等、北海道どさんこプラザ職員がサポートいたします。

3.利用料金

  • 催事スペースの利用料金は、原則売上の15%とします。
  • 利用料金の上限は1日当たり1万5千円とします。(このため、1日当たりの売上が10万円を超えた場合、利用料金は1万5千円となります。それ以上の料金はいただきません)
  • 既に店舗内で販売している商品(テスト販売を除く)を販売する場合の手数料は、北海道どさんこプラザと別途協議して定めることとなります。
  • 観光PR等、売上の発生しない催事については、利用料金は無料とします。

4.利用の制限

同一の申込者によるサポート催事の開催は、原則年度内2回を限度とします。

5.実績報告書

催事終了後は、速やかに実績報告書を申込をした振興局あてに提出してください。

申込期間及び申込み・問い合わせ先

次のとおり各(総合)振興局商工労働観光課で受け付けています。

時期・期間
時期第1期第2期第3期第4期
期間4~6月7~9月10~12月1~3月
募集開始12月10日3月10日6月10日9月10日
募集締切1月10日4月10日7月10日10月10日

申込書類ダウンロード

次の書類をご用意の上、FAX、郵送またはメールのいずれかでお申し込みください。
なお、メールアドレスは各(総合)振興局商工労働観光課あてお問い合わせください。

※令和3年10月から「出品商品リスト」の様式が変更になりました!!

3.PL(製造物責任)保険証書の写し
※更新中などの場合は、更新に係る申込用紙などの写しを添付してください。

※初めて出店する方のみ提出してください。

マーケティングサポート催事で有楽町店にお越しの際は、同時に「北海道どさんこプラザマーケティングアドバイザー」への相談申込をオススメします。
御社の商品の磨き上げや、今後の販路拡大に向けて、東京の専門家からアドバイスを受けられます。

催事の決定

食関連産業室では、提出のあった「マーケティングサポート催事申込書」について、道内企業と道内自治体のバランス、催事のテーマ及び日程、各総合振興局又は振興局への申込期日などを勘案し、採否を決定させていただきます。
なお、催事の内容やプラザの施設の制約などから、催事を実施できない場合がありますので、予めご了承ください。

※催事が決まりましたら、催事開催の10日前までに「商品カルテ」を店舗に提出してください。
※催事で販売する全ての商品について作成してください。

催事売上アップのコツ

1.試食品の提供

商品だけを見て購入される方は多くありません。
オススメの商品の試食はぜひご準備ください。
また、1種類ではなく、3種類程度用意した方がより効果的です。
試食が1種類だと、試食してすぐにお買場から離れてしまいますが、試食の種類を増やすと、お客様がその場に滞留する時間が長くなります。

2.商品の品揃え

5~8種類、多くて10種類までが適正です。10種類以上あると、お客様が悩み、「買わない」に繋がる傾向も見られます。

カテゴリー

食関連産業局食産業振興課のカテゴリ

page top