札幌市内の飲食店等における更なる営業時間短縮等の要請について(R3.5.12~R3.5.15)

要請の概要

札幌市内の新規感染者数の急増により、医療の非常事態とも言える極めて厳しい状況になっていること等を踏まえ、道では、札幌市における感染を徹底して抑え込み、全道への拡大を防ぐための対策として、札幌市内の飲食店等の皆様に対し、次のとおり、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請を実施しました。
※5月16日からの「緊急事態宣言」による措置に伴い、これまで5月31日までとしていた対象期間を5月15日までに変更して実施します。

1.要請期間   
令和3年(2021年)5月12日(水)から令和3年(2021年)5月15日(土)までの4日間

2.対象地域、対象施設、要請内容

【対象地域】 札幌市内全域

【対象施設】 飲食店、カラオケ店、料理店、食堂等

【要請内容】
酒類の提供(利用者による酒類の店内持込を含む)を行わない
営業時間の短縮(午前5時から午後8時まで)
次の感染防止対策を実施するほか、「業種別ガイドライン」を遵守する
従業員への検査を推奨する
入場者の感染防止のための整理・誘導を行う
発熱その他の症状のある者の入場を禁止する
手指の消毒設備を設置する
事業を行う場所を消毒する
入場者に対するマスクの着用その他の感染の防止に関する措置を周知する
正当な理由なくマスクの着用等の感染防止措置を講じない者の入場を禁止する
施設の換気を行う
アクリル板等の設置又は利用者の適切な距離の確保等の飛沫感染雄牛措置を講じる
カラオケ設備の利用を自粛する(カラオケボックスにおけるカラオケ設備を除く)

支援金

5月12日(水)から5月15日(土)の全期間において要請にご協力いただいている事業者の皆様には、札幌市から支援金を支給します。

【支援金の概要】
(支給額)
◇中小企業:1日あたり売上高に応じて 3万円~10万円
◇大企業:1日あたり売上高の減少額に応じて 最大20万円

(主な支給条件)
・5月12日(水)からの要請に応じており、5月15日(月)までの全期間において要請に応じること
・上記感染防止対策の実施のほか「業種別ガイドライン」等に基づく、店舗における感染拡大防止策の再確認と徹底

カテゴリー

page top