今こそサマチャレ北海道・道外人材確保緊急支援事業(奨励金・支援金)

特設サイトを開設しました!”今こそサマチャレ北海道”

特設サイトを開設し、奨励金・支援金の受付などを始めました!

特設サイト(外部)にリンクしています。

詳細は、特設サイトをご覧ください!【バナーをクリックすると特設サイト(外部)が開きます】


サマチャレ北海道  コールセンター
050-3665-7388
受付時間(月~金 10:30~19:00、土 10:00~17:00)

感染症対策の徹底をお願いします。

事業概要について

北海道以外に在住の方が、宿泊や飲食など、この夏場に人手不足が深刻となる業種の北海道内の事業所において短期就労した場合に、道外在住者に最大20万円(奨励金10万円+移動費実費(上限10万円))、道内事業者に10万円を支給します!!【1回限り】

事業イメージ

支給までの流れについて

申請スキーム

Step1.人材不足が深刻な業種の企業のみなさま(求人広告・事業周知)

道外在住の方を対象に求人情報誌などで募集 !
「道外人材確保緊急支援事業対象」など、 事業の周知も募集にあわせて行ってください。

Step2.北海道で短期就労したい北海道外に在住の方(応募・面接)

求人情報誌などの求人に応募
オンラインで面接するなどして採用決定!

Step3.採用後、北海道で10日以上短期就労(奨励金等の申請)

北海道内の事業所で3週間につき10日以上就労!
就労した方と事業所が関係書類とともに奨励金等を申請。

奨励金等の支給要件

北海道内事業所

対象産業(宿泊業、飲食店、持ち帰り・配達飲食サービス業)に属する事業を行う常時使用する従業員の数が50人(宿泊業にあっては100人)以下の道内に本店(個人事業主は住所)若しくは主たる事務所・事業所がある法人・個人で、下記の道外在住者を対象職種で直接雇用し、短期就労させた事業所(※道外在住の方を求人する際に事業周知も必要です)

北海道外在住者

住所・居所が北海道以外の方で、上記の道内事業所に直接雇用され、対象職種(商品販売の職業、飲食物調理の職業、接客・給仕の職業、その他の保安職業、製品製造・加工処理、運搬の職業、清掃の職業)で短期就労した方

短期就労

次の両方の条件を満たす必要があります。
1.令和4年7月1日から令和4年9月30日までに雇用期間が4か月未満で雇用
2.令和4年9月30日までに対象職種で、連続する3週間(21日間)の間に10日以上、かつ、60時間以上 北海道内の事業所で勤務

◆連続する3週間(21日間)の間に10日以上、かつ、60時間以上勤務 の例示◆

就労期間のイメージ


 

労働関係法令を遵守しましょう!

【ダウンロード】チラシ・申請の手引き・支給要綱


 

異業種チャレンジ奨励事業(関連事業)

異業種チャレンジ奨励事業の特設サイトにリンクしています。

新型コロナウイルス感染症の影響による離職者が、北海道内の人手不足が深刻な対象業種に違う業種から”正社員等”として就職した場合、求職者に奨励金(10万円。求職者が転居を要した場合は、転居費用の実費(上限20万円)を加算)を支援することにより、早期就職を促進するとともに、対象業種の人材確保を支援します。

北海道で暮らそう!(関連事業)

北海道内の市町村情報をはじめ、「しごと」や「住まい」など、暮らしに必要な情報をまとめて発信するポータルサイト。北海道に移住された方のインタビューや、地域のしごと情報、空き家情報、イベント情報など、豊富なコンテンツを取りそろえております。

北海道へ移住された方の声をご紹介(関連事業)

北海道のビジネスや暮らしに関する情報やU・Iターン就職を果たした方の体験談、道内企業からのメッセージなどを掲載したU・Iターン情報誌「ReFIND北海道」(北海道人材誘致推進協議会が年2回)に掲載されたUターン就職者をご紹介します。

Uターン就職者バナー

前職でのキャリアについて

<複数の店で経験を積みながら調理から店舗運営まで経験> 帯広市内の調理専門学校を卒業後、市内の飲食店で3年ほど経験を積んでから東京へ。渋谷のカフェレストランで料理長を務めながら、そのころ暮らしていた三軒茶屋で、複数の店に掛け持ちで入るようになりました。朝から深夜まで働いていましたが、充実していて、きついとは感じませんでしたね。始めのうちは「個」としての自分を強く意識していましたが、だんだんと店舗の運営やマネジメントを任されるようになりました。そのころ前職の社長に言われたのが「自分個人にお客さんをつけることは二流でもできる。でも、自分がいなくても店が回るようにしてこそ一流だよ」ということ。そこからお店の経営を改めて勉強しました。三軒茶屋は店どうしのつながりが強く、温かい雰囲気のまち。複数の店で働いた経験が大きな糧になりました。

Uターンの決意から就職まで

<理念とスピード感に共鳴して入社を決意> 東京で10年ほど働きましたが、結婚して子供が生まれたこと、また、2020年に体をこわして入院したことをきっかけに、家族と過ごせる時間を作りたい、そして地元である十勝に貢献することがしたいと考え、Uターンを決意。北海道出身の妻も、すぐに賛成してくれました。その年の10月に帯広に帰り、市役所の紹介で、十勝地方の人材マッチングサイトに登録をしました。すると、翌日すぐに、現在の会社から連絡がきたんです。そのスピード感に鳥肌がたちました。面接で話を聞いてみると、まさに十勝に貢献することを目標としている会社。お会いした林副社長からも、嘘のない、まっすぐな思いが伝わってきました。「やりたいと思っていることをやっている会社があった!」と、すぐに入社を決意し、2021年の1月から働き始めました。

現在の仕事・生活と将来の目標

<地域との連携を深めながら会社の主力となる商品を作りたい> 当社はグランピング施設を運営しており、私は現在、施設内にある燻製工房を任されています。東京の燻製の店で働いたことがあるので、経験を活かせることを嬉しく思いながら、東京・赤坂の燻製専門店のオーナーシェフに監修をいただいて商品開発にあたっています。第1号の商品として2021年秋に、中札内村産の卵を使用した冷燻のマヨネーズを発売しました。メディアなどでも反応をいただいており、これからの主力商品に育てていきたいと考えています。現在はSNSを通してお客様の反応を知ることができ、対面接客がメインだった前職とは違う手ごたえを感じています。お客様とのコミュニケーションを向上させるだけでなく、十勝の生産者や地元企業の方々との関係をもっと深め、新たな商品やサービスを創っていきたいです。


 

ReFind北海道(北海道人材誘致推進協議会 発行)

リファインド66号

リファインド65号

リファインド64号

 


 

カテゴリー

労働政策局産業人材課のカテゴリ

お問い合わせ

経済部労働政策局産業人材課人材確保支援係

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-251-3896
Fax:
011-232-1044

page top