平成24年度エコチェンジファミリー推進事業実施結果

平成24年度ほっかいどうエコチェンジファミリー推進事業

北海道では、道内の家庭における省エネ活動の推進による二酸化炭素排出量の削減を図るため、道内自治体や消費者協会等との連携により、ご家庭の省エネや環境配慮活動を実施していただく「ほっかいどうエコチェンジファミリー推進事業」を実施しました。

モニター世帯の皆様には、ご家庭の消費電力量(時間・料金)や二酸化炭素換算量等をインターネット等で確認ができる分電盤(ブレーカー)設置型電力測定器『フレッツ・ミルエネ』、『エコプロ21』と(家電設置型)電力測定器『ワットモニター』を貸出し、ご家庭における電力使用量のピーク(最大)やその時間における行動、家電機器の使用状況などを見える化(把握)していただくことで、ライフスタイルの見直しや新たな環境配慮活動の実践などに活用していただきました。

実施結果

事業期間

  • 夏期事業:平成24年7月から平成24年10月まで
  • 冬期事業:平成24年11月から平成25年1月まで

モニター世帯数等

延べ135世帯(397名)

協力自治体・団体(モニター世帯が居住、所属する自治体・団体)

  • 夏期:滝川市、下川町、猿払村地球温暖化対策地域協議会、(網走、小樽、札幌、苫小牧、登別)消費者協会
  • 冬期:旭川市、岩見沢市、江別市、函館市、稚内市、遠別町、下川町、八雲町、(札幌、苫小牧)消費者協会

貸出機器

  • (分電盤設置型)電力測定器『フレッツ・ミルエネ』または『エコプロ21』
  • (家電設置型)電力測定器『ワットモニター』

本機器を活用して把握できる項目

  • ご家庭における電力使用量(時間・日・月別)の測定
  • 電力使用のピーク電力量(時間)の把握
  • 二酸化炭素換算量(CO2)の測定
  • 省エネアドバイス
  • ランキング表示(フレッツ・ミルエネのみ) など

モニター世帯における電力使用量削減効果

全道平均:▲10.2%の削減(夏期:▲10.9%、冬期:▲9.4%)※

※北海道電力検診票(平成23年度、平成24年度)の比較による 

その他実施結果は、『実施結果報告書(概要版)・(詳細版)』をご参照ください

実施結果報告書

カテゴリー

page top