希少野生動植物種の保護管理

希少野生動植物種の保護管理

 北海道生物の多様性の保全等に関する条例に基づく規制等や有識者会議による保護対策の検討状況について、お知らせします。

「指定希少野生動植物種」と「特定希少野生動植物種」について

  • 指定希少野生動植物種

 希少野生動植物種のうち、特に保護を図る必要があるものについて指定するもので、捕獲・採取等が禁止されています。

  • 特定希少野生動植物種

 指定希少野生動植物種のうち、譲渡し・譲受けの監視が必要なものについて指定するもので、生きている個体の譲渡しの業務を行おうとするときは、知事の登録が必要です。

「生息地等保護区」について

 指定希少野生動植物種の保護のために、その生息地又は生育地及びこれらと一体的にその保護を図る必要がある区域で、分布状況及び生態その他その生息又は生育の状況を勘案して重要と認めるものについて指定するものです。

 この保護区域内では、指定希少野生動植物種の保護のために各種の行為が規制されています。

「北海道生物の多様性の保全等に関する条例」について

北海道希少野生動植物種保護対策検討有識者会議・専門部会について

 北海道では、希少野生動植物種の保護対策の検討にあたり、有識者からの意見聴取、情報交換等を行うことを目的として「北海道希少野生動植物種保護対策検討有識者会議」を開催しています。

 また、各生物分類群に関する専門事項について意見聴取、情報交換等を行うため、必要に応じて専門部会を開催しています。

カテゴリー

page top