世界遺産とは(4)


世界遺産とは(4)


 世界遺産とは  (4)

~ 世界自然遺産の基準 ~

 
 世界自然遺産として登録されるためには、次の4つの基準のうちの一つ以上の項目に適合することが必要です。
1 自然景観

 ひときわ優れた自然美をもった自然現象や景観を有する地域

 

2 地形・地質

 過去の生命の歴史や地球の歴史の証拠となるような、重要な地形・地質等がよく顕れている地域

 

3 生態系

 現在も進行中の生物の進化や生物群集の見本となるような、極めて特徴のある生態系を有する地域

 

4 生物多様性
 絶滅危惧種の生息地や、生物多様性の保全上もっとも重要な生物が生息・生育する地域
注:ユネスコの「世界遺産条約施行運用規則」上では、文化遺産としての従来からの基準(6項目)と上記4項目を併記し、10項目を「顕著な普遍的価値評価のための基準」として表示していますが、便宜上当ページでは、従来からの4項目のみを掲載しています。

 また、「顕著な普遍的価値」として認められるため、その地域が「完全性の要件」を満たすこと、また、法的措置等により、保護・保全が十分に保証されることが必要とされています。

 

 「知床」は、上記基準のうち3と4が該当するとして世界自然遺産に登録されました。

 

mokuji.gif

カテゴリー

page top