次代の北海道を担う青少年育成協議会

~「日本の次世代リーダー養成塾」へ道内高校生を派遣しています!~
jidai-logo.png

 

 

道では、青少年の次代の担い手としての自立を促し、将来の地域や産業を担う人づくりを推進するため、北海道教育委員会や道内経済団体等と連携し、平成21年度に「次代の北海道を担う青少年育成協議会」を設立しました。以来、全国の志ある高校生が参加する「日本の次世代リーダー養成塾」に道内の高校生を毎年派遣しています。

■ 「次代の北海道を担う青少年育成協議会」構成団体(全19団体)
 

私たちが高校生の参加を支援しています!

 北海道経済連合会   (一社)北海道商工会議所連合会   北海道経済同友会   北海道商工会連合会 
 北海道中小企業団体中央会  (一社)北海道建設業協会   (公社)北海道観光振興機構  北海道商店街振興組合連合会
 北海道農業協働組合中央会  ホクレン農業協働組合連合会   北海道漁業協働組合連合会  北海道林業協会
 北海道森林組合連合会  北海道木材産業協働組合連合会  北海道高等学校PTA連合会  (一社)北海道貿易物産振興会 
 (公財)北海道青少年育成協会  北海道教育委員会   北海道(事務局)  

 

「日本の次世代リーダー養成塾」とは・・・

日本だけでなく、世界に通用する人材の育成を目指した高校生のための2週間のサマースクール。
経済界や地方自治体から日本の将来を背負って立つ人財の育成を目指し、2004年に開始。
卒塾生は既に2000人を超え、日本や世界を舞台に活躍しています。
各会を代表する著名な講師による講義の他、アジアの高校生と議論を重ねる「アジア・ハイスクール・サミット」も行われます。

会場:福岡県宗像市
時期:7月下旬~8月上旬
 
※ 詳しくは日本の次世代リーダー養成塾のホームページをご覧ください 

道内高校生の派遣

■  派遣の目的


・ 青少年自身の努力と社会との関わりへの自覚や次代の担い手としての自立を促す。 
・ 将来の地域、産業を担う青少年の人づくりを推進する。


■ 派遣対象者

(1)  募集定員
参画県推薦枠として毎年10名を派遣
(2) 求める人物像
社会への関心、地域に貢献しようとする熱意やチャレンジ精神、高い志や深い探究心を持つ者
(3)  応募資格
・ 当該年度に道内の高等学校(中等教育学校の後期過程、高等専門学校、特別支援学校の高等部、定時制・通信制を含む)に在籍していること
・ 日本の次世代リーダー養成塾の定める年齢制限を満たすこと
・ 2週間の共同生活とカリキュラムに耐えうる強い精神力と体力を持っていること
・ 過去開催された「日本の次世代リーダー養成塾」 に参加していないこと
・ 全てのプログラムに参加できること
・ 参加費、その他必要経費を負担できること (減免制度あり)

■ 選  考


(1) 第一次審査(書類審査)
出願書に基づいて審査を行い、第一次審査通過者を決定 
(2) 第二次審査(グループディスカッション、面接)
審査日 : 例年5月下旬
場  所 : 札幌市内

■ 参加費用


13万円(塾期間中の宿泊費・食費、最寄の空港から会場間の交通費等を含む。)

※ 経済的事情により参加費の負担が困難な場合に備え、参加費の一部を減免する制度を設けています。
参加費減免については、お手数ですが、対象となるか事務局までご確認ください。 


■ 参加までの流れ(令和4年度)

  募集期間   4月1日(金)~5月2日(月) ※必着
  第一次審査結果通知   5月上旬
  第二次審査   5月中旬※札幌市内で開催。交通費自己負担
  第二次審査結果通知(派遣生決定)    6月3日(金)予定
  参加費納入期限   6月15日(水) ※指定口座へ振り込み
  日本の次世代リーダー養成塾へ参加   7月26日(火)~8月8日(月)

■ 参加の効果

過去参加者へのインタビュー 

(1) 参加者の感想(平成27年度参加者)
・ とても貴重な経験ができ、想像以上にここから得たものが大きかった。
・ アジア奨学生や留学経験のある高校生や志しの高い高校生と交流を深め、高めあうことができた。
・ 予想以上に意欲のある仲間たち、素晴らしい講師の方々に出会い、大いに学ぶことができた。

(2) 参加後の自身の変化(平成26~27年度参加者)

・ 自分がいままで見ていた世界がいかに狭いものだったのかを痛感した。
・ 塾への参加後に時事問題について話し合うコミュニティに参加したりとアクションを起すようになった。
・ 成功している人は、若い頃に多くの失敗を経験していると知り、少しでも高い目標を立てて、それに向かって行こうという気持ちになった。
・ 「調べる」ということを以前より活発にするようになった。
・ 生活する上での物事の見方や、夢へ向かう自分の姿勢が変わった。
・ 今の高校生はやる気がないと感じていたが、将来に希望が持て、未来を担う意思が固まった。
・ 失敗する勇気を持てるようになった。

(3) 参加後の変化(平成27年度参加者)

      ・ 興味関心の幅が広がった  89% 
   ・ 視野が広がった

 89%

   ・ 行動力が向上した  78%
   ・ 積極的・意欲的になった  67% 
   ・ 言動に自身がついた  67% 
   ・ コミュニケーション能力が向上した  67%

■ リンク

日本の次世代リーダー養成塾 

「日本の次世代リーダー養成塾」北海道卒塾生対象アンケート調査を実施(受付終了しました)

次代の北海道を担う青少年育成協議会では、本事業の成果の把握、今後の事業の改善や事業PR等を目的として、過去に北海道から養成塾へ参加された方を対象に、アンケート調査を行うことといたしました。 対象の方には文書で依頼文を郵送しておりますので、本事業の活性化、後進の育成のため、御協力のほどよろしくお願いいたします。
 
1 調査依頼対象者
平成16年度(第1回)~平成26年度(第11回)養成塾に北海道から参加された方
(現在高校生の方を除く)

2 調査期間
平成27年8月8日(土)~10月31日(土)

3 アンケートフォーム
https://www.harp.lg.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=wrNCS1YI

      OBOGenquete-banner.png 


 <問合せ先>  〒060-8588
                       札幌市中央区北3条西6丁目
             北海道環境生活部くらし安全局道民生活課内
             次代の北海道を担う青少年育成協議会事務局
               電話       011-204-5663
               FAX       011-232-4820
 
                メールアドレス kansei.dousei3@pref.hokkaido.lg.jp

カテゴリー

page top