【終了しました】世界遺産登録推進フォーラム及び縄文春まつり2021

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推進フォーラム

本フォーラムでは、「北海道・北東北の縄文遺跡群」に対する理解を深める機会として、同遺跡群の世界文化遺産登録を見据えた、これからの活用について考えます。

参加には事前のお申込が必要です。 (募集定員80名)  
※定員に達しました


また、当日はYouTubeライブによる同時配信を行う予定です。
ご視聴はこちらから

※展示イベント「縄文春まつり2021 inチカホ」に関する詳細はこちらをクリック!

2021forum.omote.jpg

2021forum.ura.jpg

PDF(チラシ表)
PDF(チラシ裏)

1.日時

令和3年(2021年) 3月7日(日)   13:00~15:30

2.会場

札幌グランドホテル 2階 金枝  (募集定員80名)  
※定員に達しました。

3.リモート開催のご案内

当日は、YouTubeライブによる同時配信を行います。
自宅で、職場で無料でご参加いただけます。

ご視聴はこちらから。

4.内容

第1部 基調講演 (13:10~14:00) 

 『縄文遺跡群と現代世界 ―縄文人から学ぶべきこと―』

 北海道博物館長 石森 秀三 氏

第2部 パネルディスカッション(14:10~15:30)

 縄文遺跡群の世界遺産登録を見据えた今後の活用について考えます。

〇パネリスト

  • 阿部  千春  (一財)道南歴史文化振興財団 アドバイザー
  • 池ノ上 真一  札幌国際大学観光学部 教授
  • 臼井  栄三  北海道教育大学 非常勤講師
  • 戎谷  侑男  (株)シィービーツアーズ 代表取締役社長
              (北の縄文道民会議事務局長)
  • 佐賀  彩美  (一社)北海道開発技術センター 研究員

〇進行

  • 塚田 みゆき  北海道縄文世界遺産推進室長

〇総合司会

  • 山口  由美  フリーアナウンサー

縄文春まつり2021inチカホ

札幌駅前通地下歩行空間で展示イベント「縄文春まつり」を開催します。
北海道・北東北を代表する土偶11点(レプリカ)がチカホに集合!
縄文人の高度な技術や豊かな精神性を間近でご覧いただけます。

また、北翔大学芸術学科小室研究室と共同制作したプロジェクションマッピング作品「縄文トランスプロジェクション」のほか、おうちで楽しめる縄文ワークショップセットの配布や今回が初展示となるオリジナルARコンテンツなど、多彩な内容で皆さまのご来場をお待ちしております。

2021harumatsuri.omote.jpg
2021harumatsuri.ura.jpg

PDF(チラシ表)
PDF(チラシ裏)

1.日時

令和3年(2021年) 3月5日(金)~3月7日(日)  10:00~19:00
※初日は11時開始、最終日は17時終了

2.会場

札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)
北3条交差点広場
※日本生命札幌ビル、赤れんがテラスすぐそば

3.イベント内容

出土品展示 ※展示品は全てレプリカです

  • 国宝 中空土偶 (函館市著保内野遺跡)
  • 国宝 合掌土偶 (八戸市風張1遺跡)
  • 重要文化財 遮光器土偶 (つがる市亀ヶ岡石器時代遺跡)
  • 重要文化財 遮光器土偶 (盛岡市手代森遺跡)
  • 重要文化財 大型板状土偶 (青森市三内丸山遺跡)
  • 重要文化財 動物形土製品 (千歳市美々4遺跡)
  • 重要文化財 人形装飾付異形注口土器 (北斗市茂辺地遺跡)
  • 北海道指定有形文化財 土偶 (根室市初田牛20遺跡)
  • 北海道指定有形文化財 土偶 (新ひだか町静内御殿山墳墓群)
  • 札幌市指定有形文化財 土偶 (札幌市N30遺跡)
  • 土偶 (木古内町新道4遺跡)

パネル展示

  • 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けた取組を紹介します。
    また、道内の構成資産及び関連資産の特徴をクイズで学べるオリジナルARコンテンツを初展示します。

縄文トランスプロジェクション

  • 北翔大学と北海道縄文世界遺産推進室が共同制作したメディア・アート作品。パネルの2列配置により奥行き感を演出した巧みな映像表現と、芸術学科生の自由な発想で創作された「アメコミ風縄文土偶ヒーロー」の圧倒的な存在感は必見です。
    協力:北翔大学芸術学科小室研究室

おうちで縄文ワークショップ

  • おうちで楽しめるお持ち帰り用のワークショップを無料でお配りします。
    ※配布数には限りがありますので、あらかじめご了承ください
    協力:札幌国際大学縄文世界遺産研究室、北海道埋蔵文化財センター

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top