縄文遺跡群ロゴマークをご紹介します

 

 

縄文遺跡群ロゴマーク


 

 

◆縄文からのメッセージを世界へ―縄文世界遺産推進室◆

縄文遺跡群のロゴマーク決まる

縄文遺跡群世界遺産登録推進本部は平成24年5月1日に「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」のロゴマーク募集を発表し、7月6日の募集締切後に選考を実施しました。その結果、12月11日に青森市において最優秀賞の表彰式と、決定されたロゴマークの報道発表を行いました。

ご応募・ご投票いただきました皆様にお礼申し上げます。

logoblock.jpg

「北海道・北東北の縄文遺跡群」ロゴマーク

 

◆ ロゴマークの内容

●制作者● ロゴマークの制作者は、東京都在住の佐藤春平(さとうしゅんぺい)さんです。

●解 説● 全体を縄文土器に見立て、北海道と北東北の形を、縄文時代のパワーを象徴するような渦巻きの形で繋いでいます。図形の色は縄文時代の漆器や土器にみられる赤漆色とし、構成資産の範囲を濃い目のグラデーションで表現しています。デザインの左右に「縄文」の文字を、下部に「JOMON JAPAN」の文字を配置しました。「JAPAN」には「漆」の意味もあります。

制作者の佐藤さんには、登録推進本部長の三村伸吾青森県知事から表彰状と賞金10万円が贈られました。

 

◆ ロゴマークの使用について

ロゴマークは、縄文遺跡群世界遺産登録推進本部とその構成自治体により「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の普及啓発のために活用されます。また、この目的に合致すると認められれば、どなたでも関係自治体の承認を受けて無料で使用することができます。

ロゴマーク使用基準をご確認のうえ、使用承認申請書を提出し承認を受け、ロゴマークガイドラインを守ってご活用ください。

提出先一覧はこちら

「北海道・北東北の縄文遺跡群」ホームページでも同ロゴマークを紹介しています。

 

 

 

縄文世界遺産推進室のトップページへもどる

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top