北の縄文展2022

「北の縄文展2022in釧路」開催中

北の縄文展(HP) (JPG 715KB)

image0 (JPEG 105KB)

北の縄文展は、道内各地の教育委員会からご協力をいただき、厳しくも豊かな北海道の自然のなかで育まれた「北海道の縄文」の価値に光を当て、その価値を多くの方にお伝えするために開催するものです。

開催概要

開催期間 9月17日(土)~10月29日(土) 

開催場所 釧路市立博物館(釧路市春湖台1-7)

開館時間 9:30~17:00(初日は13:00開始、最終日は12:00終了)

休館日:9月19日・10月10日を除く月曜日、9月20日・10月11日

 

北の縄文展2022in釧路 3つのポイント

ポイント1 19の自治体の連携による展示

道東を中心に北海道を含む19自治体が連携し、展示物の選定、解説パネルの製作、展示の設営などを行いました。

 

image1.jpegimage2.jpegimage5.jpeg1.jpegimage3.jpegimage0.jpegimage1.jpeg

ポイント2 各博物館等から選りすぐりの縄文遺物が集結!

19自治体の博物館等から常設展の目玉、普段展示していない土器や石器などが集結しました。多くの遺物が、縄文時代に作られて以来、遺跡に持ち込まれて以降初めて、各自治体の外に出ました!

image5.jpeg3.jpegimage4.jpegimage3.jpegimage7.jpegimage2.jpegimage4.jpeg

ポイント3 史上最大規模の「北の縄文展」

道東では史上最大規模、310点もの土器や石器などと各地の縄文遺跡を紹介する40枚の解説パネルを展示しています。展示をご覧になった後には、是非各地の博物館や遺跡を訪れてください。

フロアトーク(申込不要)

学芸員による展示解説を行います。9月17日(土)13:00~、10月29日(土)11:00~

縄文セミナー(定員50名・要申込)

開催日時 10月15日(土)14:00~16:30

開催場所 釧路市立博物館

申込先  北海道環境生活部文化局文化振興課縄文世界遺産推進室

電話番号 011-204-5168

内  容 阿部千春「世界遺産になった北海道・北東北の縄文遺跡群」

     村本周三「北海道・北東北の縄文人は何を食べていたか」

     澤田恭平「海・山こえた亀ヶ岡土器

          ~大昔のくしろ人は、道南・北東北の縄文人に何をみたのか~」

主  催 北海道

共  催 釧路市立博物館、北の縄文道民会議

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top