令和3年度世界遺産登録記念フォーラム

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録記念フォーラムを開催します。

本フォーラムでは、今年の7月に本道初の世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、その価値と魅力に対する理解を深めるとともに、今後の活用について考えます。

参加には事前のお申し込みが必要です。→応募フォームはこちら!(定員80名)

当日はYouTubeでのライブ配信も予定しています。→動画視聴ページはこちら!

世界遺産登録記念フォーラムチラシ

世界遺産登録記念フォーラムチラシ

開催のご案内

  1. 日時:令和3年(2021年)12月4日(土)14時から17時まで
  2. 会場:札幌グランドホテル 2階 金枝(札幌市中央区北1条西4丁目)
  3. 参加:事前のお申し込みをお願いします。→応募フォームはこちら!(定員80名)
  4. リモート:当日はYouTubeでライブ配信を予定しています。→動画視聴ページはこちら!

 

第一部テーマ:世界遺産としての縄文遺跡群

  • 講演「世界遺産と『北海道・北東北の縄文遺跡群』の価値」

   文化庁文化資源活用課文化遺産国際協力室世界遺産部門 文化財調査官 鈴木地平 氏

  • 事例報告

   函館市垣ノ島遺跡と大船遺跡、千歳市キウス周堤墓群、伊達市北黄金貝塚、洞爺湖町入江・高砂貝塚、森町・鷲ノ木遺跡の活用の状況について、各市町の声をお届けします。

 

第二部テーマ:縄文世界遺産のこれから

  • 講演「北海道・北東北の縄文遺跡群に期待すること」

   筑波大学名誉教授 稲葉信子 氏

  • パネルディスカッション「縄文世界遺産、その活用と方向性」

   縄文遺跡群の今後の活用について、3名のパネリストが観光の観点から議論していきます。

 

  • 総合司会:フリーアナウンサー 山口由美

   

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top