自治体管路方式

 

自治体管路方式


 

自治体管路方式

 地方公共団体が管路設備を敷設する手法であり、第二期電線類地中化計画(平成3年度~平成6年度)の頃には、計画全体延長の約2割を占めていた。
 構造は電線共同溝とほぼ同じ管路方式が中心であり、管路等は、道路占用物件として地方公共団体が管理する。

カテゴリー

まちづくり局都市環境課のカテゴリ

page top