ダムの歴史


ダムの歴史


damreki_fig4.gif

  doudam_fig3.gif

 道内のダムでもっとも古いのは、1913年(大正3年)に完成した高さ17.5mの東桜岡第1ダム(旭川市)で、次に1914年(大正3年)の大正池(岩見沢市)、上幌第3(栗沢町)の両ダムで、ともに北海道庁が作った農業ダムです。

 また、同年(1914年)完成したダムに小樽市が造った奥沢水道ダム(22m)があり、いずれもアースダム(土が材料)です。

 次いで1919年に高さ21.21mの野花南ダム(旧)(芦別市)が富士製鉄(株)によって、また同年に23.6mの千歳川第3ダムが,1919年21.9mの千歳川第4の両ダムが王子製紙の手によっていずれも発電用コンクリート重力ダムとして完成しました。

 そして 1922年の江部乙第1号、1923年の藤沢、金志、千代谷、志文と道庁が手がけた農業用アースダムが続く。同年(1923年)完成した函館市の高さ25.3mの笹流ダムは、コンクリート造りバットレスダムで今でも珍しい形式です。

 国内では、農業用水として河川水を使用していたことから渇水防止のため、ため池が造られ 西暦6年に大阪府に狭山池が大和川支川西除川上流に作られた記録があります。以来、日本が近代国家となる明治時代まで数多くの貯水池が造られました。

日本の古い時代の貯水池

名称

河川名

年代(西暦)

高 さ

貯水量(千m

所在地

狭山池

西除川

    6

 15m

 1,800

大阪府

蛙股池

大和川

  162

 17

   485

奈良県

一番池

石手川

  460

 15

    140

愛媛県

住吉池

別府川

  708

 20

 2,230

大分県

満濃池

金倉川

  750

 32

15,400

香川県

風呂谷池

紀ノ川

  920年代

 18

   100

和歌山県

熊通池

  〃

   〃

 18

     9

蜂ノ池

  〃

   〃

 16

    15

長行池

大橋川

1,000年代

19.7

   483

香川県

 

このページの情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY
利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。
 

カテゴリー

建設政策局維持管理防災課のカテゴリ

page top