北海道建設産業支援プラン

 平成10年に策定した「北海道建設業振興アクションプログラム」の推進期間が平成19年度で終了しますが、本道の建設業を取り巻く社会・経済情勢が、依然、厳しい状況にあることから、道では、これまでの振興策に引き続き、「建設業本業の強化」を主体とする支援策を盛り込んだ「北海道建設産業支援プラン」を平成20年3月に策定しました。
 また、この「支援プラン」では、道の「新たな行財政改革の取組み」を改訂した「新たな収支対策」による、公共事業縮減の影響を少しでも緩和できるよう、緊急的な対策についても取りまとめています。
 「北海道建設産業支援プラン」では、「技術と経営に優れた企業」が成長していくとともに、地域経済の活性化と雇用の安定が図られ、本道の建設業が発展していくための今後の道筋を示すもです。

北海道建設産業支援プラン ~活力ある建設業の再生をめざして~

北海道建設産業支援プラン~「事業編」 (平成24年4月改正)

北海道建設産業支援プラン~「概要版」(平成21年3月作成)

カテゴリー

page top