工事現場の遠隔臨場に関する試行について 

工事現場の遠隔臨場に関する試行について


  公共工事の中長期的な担い手の確保のため、働き方改革の推進と併せて、生産性の向上が急務となっています。
  令和元年6月に改正された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)では、受発注者の責務として、工事実施や工事監督員業務の効率化のため、情報通信技術の活用を図るよう努めることとされています。
  また、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、国が定めた「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」においては、工事現場等の「三つの密」対策を徹底するために、打合せ等における情報通信技術の活用が有効な対策の一つとされています。
  これらを踏まえ、道建設部では、工事現場において「段階確認」、「材料確認」と「立会」を必要とする作業に情報通信技術を活用した遠隔臨場を適用するため、令和2年6月に「工事現場の遠隔臨場に関する試行要領」(以下、試行要領)を制定し、22件の工事で試行をおこなったところです。令和3年度においても引き続き取り組みの推進を図るため、「試行要領」を一部改定するとともに、「令和3年度(2021年度)における工事現場遠隔臨場試行の実施方針を策定しました。                 

 


 

参考資料

       ・  試行要領・実施方針 概要(PDF形式)

 

 

建設管理課(技術管理係・積算管理係)のページへ戻る

 

 

 

カテゴリー

page top