道が保有する旧道営住宅の未利用地について

道が保有する旧道営住宅の未利用地について

  • 道では、財政の危機的状況に鑑み、平成18年2月に策定した「新たな行財政改革の取組み」において、「遊休資産の売却処分による収入確保」を掲げたほか、同年11月には「遊休資産売却促進方針」を定め、遊休資産の集中的、緊急的な売却を進めています。
  • この度、旧道営住宅の未利用地についても売却を促進するため、HPで情報を公開し、道民の皆様及び民間企業の皆様から、取得要望を随時受け付けることとしました。
  • なお、情報公開した未利用地の中には、土地境界の未確定や越境等の諸問題により直ちに一般競争入札に付すことが困難なものなどが含まれています。※道有地は、袋地等の特殊事例を除き、一般競争入札による売払いとなります。
  • これら諸問題のある物件については、できるだけ早く解決できるよう努めますが、売払いに至ることが困難なこともありますので、あらかじめご承知おき願います。
  • ご関心・興味がある物件がございましたら、お気軽に、お問い合わせ先にご照会ください。
  • 現在、情報公開している旧道営住宅未利用地はこちらからご覧ください。

カテゴリー

住宅局住宅課のカテゴリ

page top