循環器病の普及啓発について

 令和2年度(2020年度)の人口動態調査によると、北海道の全死亡数6万5,078人のうち、第2位は心疾患9,373人(14.4%)、第4位は脳血管疾患4,667人(7.2%)となっており、道民の4人に1人が循環器病で亡くなっています。循環器はたとえ死に至らなくとも、脳卒中においては重度の後遺症を残すことも多く、また心血管疾患においては、再発や合併症を抱えることも多いことなどから、病気の正しい知識を啓発するため以下のような取組を行っています。

循環器リーフレットのご紹介

循環器病の普及啓発について

循環器病住民講演会

現在、開催準備中です。

その他

カテゴリー

健康安全局地域保健課のカテゴリ

page top