小児慢性特定疾病医療費の対象疾病の追加及び既存疾病の名称等の変更について

対象疾病の追加及び既存疾病の名称等の変更について

令和3年11月1日より、小児慢性特定疾病医療費支給認定の対象となる疾病が26種類追加され、合計788疾病が対象となりました。

なお、対象疾病の追加と併せて、既存の小児慢性特定疾病の疾病名等も一部変更となりました。

詳しくは、下記【厚生労働省からの通知】及び小児慢性特定疾病情報センターのホームページをご覧ください。

 

【厚生労働省からの通知】

・告示(厚生労働省告示第371号)

・リーフレット(PDF)

・全対象疾病&疾病の状態の程度

・新旧対照表(平成26年厚生労働省告示475号の解釈通知) ※令和4年4月1日改正

・改正後全文(平成26年厚生労働省告示475号の解釈通知) ※令和4年4月1日改正

・小児慢性特定疾病の対象疾病名等の変更に伴う医療意見書に係る様式について(PDF)

・染色体又は遺伝子異常を伴い特徴的な形態的異常の組み合わせを呈する症候群の取扱いについて(PDF)

・小児慢性特定疾病の対象疾病名等の変更に伴う医療受給者証等の取扱いについて(PDF)

カテゴリー

健康安全局地域保健課のカテゴリ

page top