副反応について

副反応について

ワクチンを接種後に注射部分の痛み、頭痛、発熱等がみられることがあります。治療を必要としたり、障害が残るほどの重いものは、極めて稀ですが、ワクチンによる何らかの副反応が起こる可能性はゼロではありません。

ワクチンの副反応に係る詳細は以下をご覧ください。

副反応等に関する相談は、次のコールセンターで受け付けています。

ワクチンの副反応等に関する相談電話です。ワクチン接種の予約については、お受けできませんのでご留意ください。

◆北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター◆

  • 電話番号:0120-306-154(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9:00~17:30(平日、土日・祝日)

なお、接種部位の痛みや腫れなどの副反応の多くは2~3日でおさまりますが、接種後、気になる症状があったら、かかりつけ医など、身近な医療機関に相談しましょう。

 チラシ「新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法」 (PDF 349KB)

接種後の副反応等を疑う症状に対応する相談・医療体制について

新型コロナウイルス感染症にかかるワクチンを接種した後、身体に何らかの異常が発生した際は、下記イラストに沿って、身近な医療機関(かかりつけ医や接種医療機関)にご相談いただきますようお願いいたします。

なお、札幌市では、「副反応を疑う症状に対する診療受け入れ医療機関リスト」を公表しておりますので、ご参照ください(札幌市のHPにジャンプします)。

soudantaisei.png

医療体制について

副反応を疑う症状が長引く場合等は,身近な医療機関(接種を受けた医療機関や,かかりつけ医等)を受診してください。
身近な医療機関での対応が困難であり、専門的な対応が必要な場合は、当該医療機関から、副反応に対する専門的な医療機関を紹介できる体制を整備しています。

なお、アナフィラキシー等,緊急性が高い場合は,当該地域の救急医療体制で対応します。

10代、20代男性の新型コロナワクチン接種について

10月15日(金)の厚生労働省の専門家会議で、10代及び20代の男性では、ごくまれであるものの、ファイザー社ワクチンに比べて、武田/モデルナ社のワクチン接種後に生じる心筋炎等の報告の頻度が高いことから、十分な情報提供の上、ファイザー社のワクチンの接種を選択することができるとの見解が示されましたのでお知らせします。

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

問い合わせ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111
cc-by

page top