北海道HACCP自主衛生管理認証制度

北海道HACCPとは

食の安全を確保していくためには、食品営業者が自主的な衛生管理に努め、消費者の皆様により安全性の高い食品を提供していくことが重要で、不可欠なものとなっています。

北海道では、食品関係営業者等の自主衛生管理を一層推進し、道産食品の安全性確保と信頼性向上を図るため、「北海道HACCP自主衛生管理認証制度」を創設しました。

この制度は、食品関係営業者等の皆様が自ら行う食品の衛生管理方法について、北海道が独自に基準を設定し、その基準を満たしている場合、申請により認証するものです。

施設の衛生管理方法の実施調査は、北海道に登録された登録評価機関(民間の衛生コンサルタント会社)が行い、審査は、認証審査会(事務局:公益社団法人北海道食品衛生協会(平成19年8月16日北海道選定))が行います。

北海道では、認証を受けた施設を公表していきます。

新たな北海道HACCPのホームページについて

北海道HACCPのホームページが新しくなったため、制度に関すること、認証取得施設に関すること等は、下記ホームページよりご紹介しています。
新たなホームページより、ご覧ください。

カテゴリー

page top