外国語の対応可能な医療機関について

外国語の対応可能な医療機関について

(About medical institutions available for foreign language(s))

 

 
 
  
 外国人患者さんがスムーズに医療機関にアクセスできるよう、外国人患者へ対応可能な医療機関を日本政府観光局(JNTO)のウェブサイトに掲載しています。
 ウェブサイトは、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に対応しています。
 

 〇日本政府観光局(JNTO)のウェブサイト  

   また、北海道医療機能情報システムにおいて、外国語対応可能としている医療機関はこちらになります。 (H29.4.1現在)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〇医療従事者等向け外国人患者対応力向上研修会の実施について

   本研修では、外国人患者へ対応する際の基本的な心構えや注意点、日本の医療制度や基本的な医学知識、院内の接遇で使える日常会話例など、外国人患者対応力向上のための基礎的学習が可能です。
 

  ・申し込み及び詳細はコチラから[右二重矢印]外国人患者対応力向上研修 
                        (
R3北海道研修ご案内チラシ (PDF 554KB))
 

【令和3年度外国人患者対応力向上研修会のプロポーザル審査会について】
   令和3年度においても、本研修会の実施にあたり、研修会委託業務のプロポーザルの参加の募集を行いました。(募集終了)

  ・申し込み及び詳細はコチラから[右二重矢印]プロポーザルの実施 (R3年度) 

   ・参加表明書提出期限:令和3年(2021年)7月15日(木)午後5時

   ・企画提案書提出期限:令和3年(2021年)7月27日(火)午後5時

  
  ・プロポーザルの結果はこちら。(
審査結果 (PDF 40.6KB))                                                                                                                          

 

〇 北海道における外国人患者受け入れに関する対応指針(平成31年4月 北海道保健福祉部) 

  本指針は、外国人患者受け入れ数の少ない医療機関においても活用していただけるよう、外国人患者受け入れにあたってのポイントを明確にするとともに、「既存の多言語対応資料」や「各関係団体の取組み」などを詳細に例示しています。

 
その他参考情報
 
 
  【医療機関受診のしおり】
    受診される方へ(英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語、ロシア語に翻訳したものをエクセルのシートで作成しています。)

  【外国人患者対応(トラブル)事例集】
 
 
  【外国人患者向けの参考書式等】
  〇東京都
   医療機関受診のための多言語ガイドブック
 
  〇一般財団法人自治体国際化協会
   多言語生活情報
 
  〇特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター
   問診票等外国語版
 

  【医療機関向けの参考マニュアル等】
  〇厚生労働省
 
 
  〇経済産業省
   医療機関向け情報
 
 
  〇東京女子医科大学
   外国人患者受入れのための病院用マニュアル案
 
 
キャプション

お問合せ先:医務薬務課医務係
 TEL
011-204-5989
 FAX
011-232-4108

 

カテゴリー

地域医療推進局医務薬務課のカテゴリ

page top