【薬局向けページ】ラゲブリオの配分に係る医薬品提供体制の整備

はじめに

薬局における新型コロナウイルス感染症の経口治療薬の配分に係る医薬品提供体制の整備については、令和4年1月20日付け事務連絡により、道内各薬局あて文書を郵送したところですが、本件に関する今後の連絡は、本ホームページで行います。
薬局開設者の皆様におかれては、本ページを適宜ご確認願います。

薬局開設者の皆様へ

令和3年11月9日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部および同省医薬・生活衛生局総務課から事務連絡「薬局における新型コロナウイルス感染症の経口治療薬の配分に係る医薬品提供体制の整備について」、令和3年12月24日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部および同省医薬・生活衛生局総務課から事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について」(令和4年3月25日最終改正)が発出されました。

今後、新型コロナウイルス感染症の経口治療薬の調剤に対応する薬局(以下「対応薬局」という。)としての対応・協力が可能な場合、下記によりご回答願います。

関係通知(必ずご確認ください。)

対応薬局の基準

  1. 各地域における自宅療養患者等の治療体制に対応・協力する薬局(地域連携薬局を含む)で、院外処方による経口治療薬を適切かつ迅速に必要な治療薬を提供できること。
  2. 患者宅へ直接あるいは業者等による配送など、患者が来局せず手に入る体制を構築していること。
  3. 「0410対応」(電話等を活用した服薬指導、郵送対応)を行う薬局であること。
  4. 夜間、休日、時間外の緊急時には、地域の輪番制により対応するなど出来るだけ協力いただける薬局であること。

対応薬局となるための手順

1.回答フォームへの回答

次のページからご回答願います。
なお、令和3年12月吉日付けで北海道薬剤師会からご案内のあった応募に、「対応可能」と回答済みの薬局は、既に対応薬局となっていますので回答不要です。

対応薬局の募集QRコード

申請期間

当面の間、随時受け付けします。

受付は、令和4年3月31日(木)17時30分で、一時停止します。
なお、厚生労働省事務連絡「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について」(令和4年3月25日最終改正)より、各都道府県における薬局全体の数に比較して、著しく多い場合等は調整する可能性がある旨示されていることから、今後、対応薬局に申請された場合、個別に調整させていただく場合がありますので、了承願います。(令和4年3月28日変更事項)

注意事項

  1. 回答の対象は、所在地が北海道内の薬局に限ります。
  2. 登録後、登録内容に変更があった場合は、「このページに関するお問い合わせ」から変更内容をご連絡願います。
  3. 登録後、上記回答ページから重複登録は行わないようお願いします。

2.ラゲブリオ登録センターへの登録

ラゲブリオの配分を受けるためには、上記回答フォームへの回答に加えて、ラゲブリオ登録センターへの登録が必要です。

参考

ラゲブリオ登録センター
電話番号0120-682-019
受付時間9:00~17:30(土日祝日・運営会社休日を除く)
※ただし、4月における土曜日は、臨時に受け付けてされています。
Mail addressmsd.covid19.register.support@merck.com

3.ラゲブリオ対応薬局の所在地

ラゲブリオ登録センターに登録した施設は、在庫発注を行ったラゲブリオ対応薬局のリストを閲覧することが可能です。
また、医療機関がラゲブリオを院外処方する場合、医療機関は、在庫発注を行ったラゲブリオ対応薬局のリストを患者に示すことで、患者が希望するラゲブリオ対応薬局を確認することとされています。

発注可能時期

  1. 上記の手順にご回答されたのち、発注可能となるまで時間を要します。
  2. 発注可能となることの連絡はありません。発注可能となっているか確認は、ラゲブリオ登録センターにて適宜ご確認願います。
  3. 以前、令和3年12月吉日付けで北海道薬剤師会からご案内のあった応募や、上記募集に回答しただけでは、ラゲブリオは発注されませんので、ラゲブリオ登録センターから貴薬局が発注手続きを行うようお願いします。

カテゴリー

地域医療推進局医務薬務課のカテゴリ

お問い合わせ

保健福祉部地域医療推進局医務薬務課薬務係・薬物対策係

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-204-5265
Fax:
011-232-4108

page top