北海道民生委員定数条例及び民生委員法施行細則

 

 

北海道民生委員定数条例及び民生委員法施行細則

 

 

 


 

北海道民生委員定数条例を改正しました。(令和元年7月23日公布)

 

改正の趣旨
 これまで、民生委員の定数は、平成25年6月14日に公布された「地域の自主性及び自立性を高めるための推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(平成25年法律第44号)」により、民生委員法(昭和23年法律第198号)の一部改正が行われ、民生委員の定数については、厚生労働大臣の定める基準を参酌して、都道府県の条例で定めることとされたため、北海道民生委員定数条例を制定し、平成26年12月24日に施行しました。
 民生委員の任期は3年であり、令和元年12月1日に一斉に改選されることになっています。
 今般の一斉改選により、民生委員の定数について、改定を希望する意見が24市町村からあったことから、市町における世帯数の増減等の地域の実情に鑑み、条例を改正しました。

改正内容
 次のとおり民生委員の定数を改定する。

    定数を改定する市町村        改定前      改訂後   

増  減          

  小樽市      347人      345人    △2人
  釧路市      458人      456人    △2人
  帯広市      332人      329人      △3人 
  夕張市               54人      51人        △3人
  芦別市       66人        65人    △1人
  三笠市       52人      43人      △9人 
  千歳市       217人      220人      3人
    富良野市       54人       56人      2人
  恵庭市       130人             131人      1人 
  北広島市              126人

     125人

   △1人
  石狩市         130人             131人     1人 
  七飯町                73人       74人       1人

  せたな町

               49人       47人      △2人
  蘭越町

               21人

      20人     △1人
  倶知安町                52人       51人     △1人
  当麻町                20人       23人      3人 
  愛別町                15人       14人     △1人
  中富良野町        22人               21人     △1人 
  音威子府村                  6人       5人      △1人
  中川町        11人               10人    △1人 
  津別町        26人       24人     △2人 
  士幌町        19人               20人      1人
  幕別町        65人       64人          △1人
  足寄町                33人       32人     △1人 
  計(11市12町1村)    △21人

定数改定の理由
 ・当該地区の世帯数減等による定数の減(7市9町1村 33人減)
 ・当該地区の世帯数増等による定数の増(4市3町    12人増)

施行期日
 令和元年12月1日

 ・北海道民生委員定数条例全文
 ・北海道民生委員定数条例の新旧対照表
 

 

カテゴリー

福祉局地域福祉課のカテゴリ

page top