国保データベース(KDB)システムのデータ活用に関する技術的支援に係る承認書の提出について

国保データベース(KDB)システムのデータ活用に関する技術的支援に係る承認書の提出について

 今般、厚生労働省で行われている検討会や都道府県での第8次医療計画の策定等の実施に当たり、今後の在宅医療に係る需要及び供給体制について議論するため、国から技術的支援として国保データベース(KDB)システムのデータを活用し、以下の項目について集計を行い、その集計結果を都道府県に提供し、都道府県は提供された集計結果について、介護保険事業(支援)計画の進捗管理、介護施設及び在宅医療の追加的需要の整備目標の設定等に活用するとともに、各市町村へ周知をすることとしています。

 厚生労働省から各都道府県への集計結果の提供に際して、KDBシステムのデータの情報を利用することから、各市町村、後期高齢者医療広域連合からデータ利用に関する承認を得ることが必要となり、承認書の提出依頼があったところです。

 つきましては、趣旨を御理解いただき参考様式を参考に貴市町村、貴後期高齢者医療広域連合のデータ利用に関する承認書を令和4年(2022年)2月15日(火)までに御提出をお願いします。

◇国保データベース(KDB)システムのデータによる集計項目

  • 在宅医療の供給側の集計(実施医療機関数、実施状況など)
  • 在宅医療の需要側の集計(患者数、流出入など)
  • 介護施設、在宅医療等の追加的需要の整備目標に係る集計

カテゴリー

page top