新型コロナウイルス感染拡大防止運動「北海道ソーシャルディスタンシング」について

知事メッセージ

北海道ソーシャルディスタンシング

~今は、きょりをとって~
 
新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るために、
お互いに手を伸ばしても届かない距離を保つ、
北海道ソーシャルディスタンシングを道民運動として展開します。

 
 あなたの大切な人の命を守るために、日々の行動で、
いつもより少し距離を保つことに、ご協力をお願いします。

 
市町村や企業、団体の皆様には、店舗や施設、職場内における取組に、
ご理解とご協力をお願いします。
 


                   令和2年4月 北海道知事 鈴木直道

 
rogo.gif 

趣旨

新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るためにできるだけ物理的な距離(互いに手を伸ばしても届かない距離)を保つ取組を道民運動として展開します。
 

対象

  1. 個人:日常生活での実践
  2. 公共施設(道、国、市町村)、民間施設(企業、団体):個人の行動を促すための環境の整備

内容

(個人)
  • 取組の趣旨を踏まえて、日常生活において、人と人との距離を保つ行動を実践
(公共施設、民間施設)
  1.  共通スローガン、ロゴの施設内での掲示
  2. 床面へのフットプリントの貼付やスペースをとった座席レイアウトなど、お客様間の一定の距離の形成
  3. 独自の取組内容を掲載したチラシやポスターの掲示

【取組例】

  • 店舗内に共通ロゴを掲示し、レジの前にフットプリントを貼り行列において間隔を取ることや、客席の配置をいつもより少し離すなどの配慮を実施
  • 職場内に共通ロゴを掲示し、会議や商談時などにいつもより少し席を離すなどの配慮を実施

ソーシャルディスタンシングとは

新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るために、咳エチケットなどに加えて、人と人との物理的な距離(互いに手を伸ばしても届かない距離)を保つ取組です。
 

ダウンロード集

ご自由にダウンロードして、掲示等にご活用ください。チラシは、例を参考に各施設の取組内容を表示いただけます。

カテゴリー

page top