PCR等検査無料化推進事業について

【注意】
★症状のある方の検査希望が増えていますが、無料検査は、発熱など症状のある方は対象外となりますのでご注意ください。
★無料検査の陽性結果では、陽性者として確定にはなりません(医療機関にて確定診断され、保健所へ発生届が提出されて初めて陽性者としての登録になります。)。また、無料検査の検査結果の通知書等は、自宅療養等の証明にはなりません

PCR等検査無料化推進事業のご案内

検査を受けられる場所・検査の対象となる方・検査に必要な書類・よくある質問など、こちらから確認できます。

        
        

【お問合せ先】 
  事務局コールセンター
(一般の方専用)
 
  受付時間 9:00~18:00(無休)

 

無料検査が利用できる場合

感染に不安を感じる無症状の道民を対象とした「感染拡大傾向時の一般検査事業」を実施しています。

学校などで感染が発生し、自分は濃厚接触者ではないけれど、感染不安を感じるといった場合などに、この検査が活用できます。

感染不安を感じる無症状の道民で、旅行・帰省、飲食、イベント等の社会経済活動を行うに当たり、陰性の検査結果確認が必要な方も活用できます。

帰省の際に、実家の家族から、検査を受けてから来てほしいと言われた際などに、この検査が活用できます。

実施期間

令和4年10月31日(月)まで

無料検査の対象となる方(下記のいずれも満たす方が対象です)

  • 感染の不安を感じる道民
    単身赴任や進学などでまだ住民票を移していない場合でも、直近の公共料金請求書・領収書や郵便物等で、道内に居住の実態が確認できれば受けられます。
    ※感染不安を感じる道民で、旅行・帰省、飲食、イベント等の社会経済活動を行うに当たり、陰性の検査結果確認が必要な方も受けられます。
  • 無症状の方(咳・のどの痛み・鼻水・発熱等の風邪症状がない方)
  • 濃厚接触者(感染の可能性がある方)ではない方 ※濃厚接触者(感染の可能性がある方)についてはこちら

受けられる検査

  • PCR検査等
  • 抗原定性検査

※検査結果通知書を利用する場合、検査結果の有効期限に注意してください。詳細は【検査の種類と検査結果の有効期限】をご確認ください。
※無料検査の受検は、PCR検査等、抗原定性検査あわせて1日1回までとなります。

無料検査の対象外となる場合

下記にひとつでも該当する場合は、無料検査の対象外です。

  • 発熱などの症状がひとつでもある
    かかりつけ医または健康相談センターへご相談ください。なお、札幌市、函館市、旭川市、小樽市にお住いの方は、各保健所へご相談ください。
  • 保健所、陽性者本人、勤務先、学校等から濃厚接触者(感染の可能性のある方)に該当すると言われた
  • 会社が事業又は福利厚生の一環として従業員に実施する検査
  • 海外渡航用の「陰性証明書」発行を目的とした受検
    ※検査証明を行う医療機関はこちらから検索できます 
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-jihikensa_00001.html

検査場所

  • 予約制としている事業所が多いこと、また、検査希望の状況によっては希望どおりの日時に受検できない場合がありますことにご留意ください。
    ※各事業所の取扱いは「無料検査事業所一覧」の備考欄をご確認ください。                

※ 現在の無料検査事業所数  764  箇所

【無料検査実施事業所一覧】はこちら↓(令和4年9月27日 現在)

(注1)事業所により対応できる検査の種類は異なります。
(注2)現在、検査を受付中の事業所のみ掲載しています。受付開始前、一時停止中の事業所は掲載していません。

利用方法等

  • 道が登録した無料検査事業所で検査を受けることができます。
  • 検査を希望する方(発熱等の症状がない方に限ります。)は、検査申込書に必要事項を記載し、事業所に提出してください。
  • 本人確認のため、身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等の公的証明書のほか、学生証、社員証など)を提示してください。

検査の種類と検査結果の有効期限

旅行・帰省、飲食、イベント等の活動に際して検査結果通知書を利用する場合、検査結果の有効期限に注意して、利用日に間に合うように受検してください

PCR検査等

PCR検査等には、LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含みます。

検体採取:唾液または鼻腔ぬぐい液を自己採取 ※
検査時間:1~3時間
(注)検体を外部の検査機関に送付する場合は、結果判明までに日数が必要になります。必要日数は事業者にご確認ください。
検査結果の有効期限:検体採取日プラス3日

※医療機関の場合は、医師等が鼻咽頭ぬぐい液を採取する場合があります。

抗原定性検査

検体採取:鼻腔ぬぐい液を自己採取 ※
検査時間:15~30分
検査結果の有効期限:検体採取日プラス1日

※医療機関の場合は、医師等が鼻咽頭ぬぐい液を採取する場合があります。

事業者の皆様へ

各種書類の提出先・お問合せ先

各種書類の提出は、原則、電子メールでお願いします。

北海道PCR等検査無料化推進事業事務局
   info@kensa-hokkaido.jp

 電話でのお問合せ
 電話番号:011-522-8764(事業者の方専用)
 受付時間:平日10:00~17:00
      
土日祝、年末年始(令和4年12月29日(木)~令和5年1月3日(火))は休業

実施事業者になるための手続

  • 無料検査を実施するに当たっては、道による登録を受けなければなりません。
  • 登録を希望する事業者は、事業実施要領をご確認の上、検査実施計画書を作成し、北海道に提出してください。
  • 併せて、下記書類の提出もお願いします。
    ・事業所内の検査実施場所を示す図面
    ・医療機関、薬局、衛生検査所等の開設許可証または登録証明書
     
  • 道による登録手続きが完了次第、登録番号が記載された検査実施事業者登録通知書を送付します。

実施要領

関連資料

カテゴリー

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111

page top