スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  調査に御協力いただき、ありがとうございました。


最終更新日:2018年10月10日(水)


            調査にご協力いただきありがとうございました。

 


 バナー

  この調査は、「統計法」に基づき実施する、国の重要な統計調査です。  

  ふだん仕事をしているかどうかや就職・転職・離職といった就業移動の実態、就業に対する意識や希望を調査し、全国及び地域別の就業構造の実態を明らかにするもので、その結果は、雇用・労働政策をはじめ、子育てや介護と就業の両立支援など国や地方公共団体の政策の基礎資料となります。

 調査対象となりました皆様には誠にありがとうございました。

調査の結果が公表されました

                総務省統計局 平成29年就業構造基本調査結果のページ 

                上記結果のうち、北海道分を抜粋したものはこちら

調査員の訪問 

 【調査員が記入のお願いに伺います】

調査の対象となった お宅には、調査員が                          調査のお願い調査票の記入方法などの説明に伺います。

調査の趣旨をご理解の上、ご回答いただきますようお願いいたします。

農夫

主婦

 【次のようなことについて調査します】

1 すべての人について                                   男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

2 ふだん仕事をしている人について                            雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など

3 ふだん仕事をしていない人について                          就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など         

コック

配達員

 【調査世帯は無作為に選ばれます】

全国約52万世帯に住む15歳以上の世帯員約108万人(平成29年調査)が対象となる調査です。

調査地域は、統計理論に基づく方法によって全国から無作為に選定されます。                                          そして、その地域にお住まいの世帯から、無作為に調査世帯が選定されます。

全国から無作為に選ばれます

インターネット回答 

【インターネット回答も可能です】

インターネットか、紙の調査票か、回答方法を選択いただけます。

 紙の調査票

 記入内容は厳重に保護されます

 【調査票の記入内容は統計法に基づき厳重に保護されます】

調査員をはじめとする調査関係者には厳格な守秘義務が課されているほか、集められた調査票は厳重に管理され、統計を作成した後、溶解処分されます。

また、インターネット上のデータの送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、SSL/TLSによる暗号化通信を行っています。

SSL 

 【調査員ってどんな人?】

調査員は、北海道知事により任命された地方公務員であり、厳格な守秘義務が課されています。

調査員は、調査世帯を訪問し、調査地域の確認、調査票の記入のお願いや、ご記入いただいた調査票の回収及び記入状況の確認といった重要な仕事を受け持っています。

なお、調査員は知事が発行した「調査員証」を必ず携帯しています。

調査員証を携帯しています

調査員証 





 <内容についての照会先>

 統計課労働統計グループ

  代表011-231-4111(内線23-665) 直通011-204-5146