スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  漁業センサスのご案内


最終更新日:2018年10月12日(金)

   

symbolmark


「2018年漁業センサス」の実施のお知らせ

-ご回答をお願いします-


 漁業センサスは、5年に一度実施しており、我が国の水産業の実態を明らかにすることを目的とした統計法に基づく報告義務のある重要な調査です。

 2018年漁業センサスは、11月1日現在で実施し、過去1年間の実績を調査します。

調査の種類

 漁業センサスは「海面漁業調査」、「内水面漁業調査」、「流通加工調査」の3種類があり、そのうち道と市町村では「海面漁業調査」の「漁業経営体調査」を実施しています。

調査の対象

 海面(海面に指定された湖沼を含む)に沿う市町村で海面漁業を行う漁業経営体(漁業者や漁業会社など)が対象となります。

調査の方法

 10月中旬から11月にかけて北海道知事が任命した統計調査員が漁業経営体を訪問して、調査票を配布・回収します。

 なお、今回からパソコンを使って、簡単・便利・安心なインターネットでの回答もできますので、ぜひご利用ください(スマートフォン・タブレットからは回答できません)。

秘密の保護

 この調査は統計法に基づいて実施していますので、統計調査員をはじめとして統計調査に携わるすべての者は、調査で知り得た情報を他人に漏らしたり、統計以外に使用することを禁じられておりますので、安心してお答えください。

お問合せ

 調査票を配布するときにお渡しします「2018年漁業センサスへのご協力のお願い」に記載しているコールセンター又は市町村にお問い合わせください