スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  小売物価統計調査にご回答をお願いします


最終更新日:2017年1月11日(水)

 小売シンボルマーク

 

小売物価統計調査にご回答をお願いします

 

 

1 調査の目的
  商品の小売価格、サービスの料金及び家賃を調査し、物価水準の変動を測定するための消費者物価指数の作成、その他物価に関する基礎資料を得ることを目的としています。
 <補足>
  小売物価統計調査は、時系列で物価の変動を見ることができる「動向編」、都道府県間の物価比較や、店舗形態別の価格比較などができる「構造編」として、調査を実施しています。
  なお、平成25年からの構造編の創設に伴い、5年周期で実施していた全国物価統計調査は平成19年の調査を最後に中止となりました。 

2 調査の対象
 北海道では、「動向編」と「構造編」をあわせて、11市町で約900の店舗、事業所及び約1,200の借家世帯を調査しています。
   全国では、約260市町村で約30,000の店舗、事業所及び約28,000の借家世帯を調査しています。

3 調査の期日 
 値動きの激しい生鮮食品と切り花の価格については毎月3回、その他の商品及びサービスの価格については毎月1回、家賃調査については3ヶ月に1回調査します。

4 調査の方法
 知事が任命した統計調査員が、調査店舗・事業所及び調査世帯を訪問して調査します。

5 調査結果の公表
 毎月26日を含む週の金曜日に総務省統計局から公表されており、総務省統計局のホームページ等での閲覧が可能です。

6 調査結果の利用
 調査結果に基づき作成される消費者物価指数は、政府の物価政策、日銀の金融政策、各種年金制度や賃金の算定などの基礎資料として、様々な分野で利用されています。

7 秘密の保護
 小売物価統計調査は統計法に基づいて実施しており、調査で知り得た事柄を他人に漏らしたり、調査票を統計以外の目的で使用することは固く禁じられています。

結果例


図1


図2

外部リンク アイコン:外部リンクです。新しいウィンドウで開きます。小売物価統計調査のページ(総務省統計局)
外部リンク アイコン:外部リンクです。新しいウィンドウで開きます。消費者物価指数のページ(総務省統計局)

内容についての照会先
統計課生活統計グループ
内線 23-671