スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  2020年農林業センサス


最終更新日:2019年12月16日(月)

 

 令和2年2月1日現在で2020年農林業センサスを実施します

 

   この度、農林水産省により、統計法に基づく「基幹統計」として、2020年農林業センサスが

   全国で実施されます。

   北海道内の各市町村では、令和元年12月中旬から令和2年2月下旬まで、統計調査員が
 
   農林業を営んでいるすべての皆様のもとへ伺いますので、調査へのご理解、ご協力をお願い

   いたします。


   農林業センサスキャンペーンサイト

  ↑ 農林水産省ホームページ 2020年農林業センサスキャンペーンサイトへリンクしています




   調査のお願い

 啓発のお知らせ


 

  2020年農林業センサスについて

  1 調査の目的

   我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源などの農林業を
   とりまく実態を明らかにするとともに、我が国の農林行政の推進に必要な基礎資料を整備
   することを目的にしています。


  2 調査の流れ

   農林水産省-都道府県-市区町村-指導員-調査員-調査対象者


  3 調査の対象

   一定規模以上の農林産物の生産を行い、または委託を受けて農林業作業を行う世帯や
   会社等の組織(「農林業経営体」)です。


  4 調査の方法

   都道府県知事が任命した調査員が調査対象候補者を訪問し、聞き取りをした結果調査
   の対象である方に調査票を配布し、回収します。
   また、オンライン回答も可能です。


  5 調査期日

   令和2年2月1日現在

   (調査員は令和元年12月中旬以降に調査対象候補となる方を訪問します。)


  6 調査事項

   経営形態、労働力、耕地、農業生産、農産物の販売、作業の受託、農業生産関連事業、
   山林・林業生産、素材生産、林業従事 など


  7 調査結果の利用

   国のさまざまな農林行政施策の企画・推進・評価の基礎資料として利用されるほか、
   各種交付金算定の基礎資料など、多様な活用がなされています。


 

>統計課トップページへ戻る


内容についての照会先
統計課経済統計グループ
内線 23-673・688
ダイヤルイン(直通電話) 011-204-5145