スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 情報統計局統計課 >  平成15年住宅・土地統計調査 調査結果の概要


最終更新日:2006年2月18日(土)

▲住宅・土地統計調査のトップページ

平成15年住宅・土地統計調査(北海道分)
調査結果の概要

調査の概要・用語の解説
 総住宅数と総世帯数

 ~ 総住宅数は257万2千戸 ~

 平成15年10月 1日現在における北海道の総住宅数は 257万 2千戸、総世帯数は227万 2千世帯で、総住宅数が総世帯数を30万世帯上回りました。
 前回平成10年から 5年間に、総住宅数は、13万 9千戸、5.7%増加し、総世帯数は、9万 8千世帯、4.5%増加しました。
 昭和63年から平成 5年までの 5年間では、総世帯数が総住宅数の増加を上回る増加となりましたが、平成10年に引き続き、今回平成15年においても総住宅数が総世帯数の増加を上回る増加となり、その結果、一世帯当たりの住宅数は 1.13戸と平成10年より 0.01戸増加しました。(統計表 表1
総住宅数及び総世帯数の推移-北海道

 居住世帯の有無

 ~空き家数はさらに増加

 総住宅数 257万 2千戸のうち、居住世帯のある住宅(ふだん人が住んでいる住宅)の数は225万 5千戸で空き家など居住世帯のない住宅は31万 7千戸となりました。
 居住世帯のない住宅の大半を占める空き家は30万4千戸となり、総住宅数に占める割合(空き家率)は11.8%と平成10年(11.2%)より 0.6ポイント上昇しました。(統計表 表2
空き家数及び空き家率の推移-北海道
 住宅の建て方
 
 ~ 共同住宅の割合は拡大 ~

 居住世帯のある住宅 225万 5千戸を建て方別にみると、1戸建が 122万戸で、居住世帯のある住宅全体の54.1%、長屋建は12万 6千戸、5.6%、共同住宅は89万 4千戸、39.8%を占めています。
 平成10年と比較すると、一戸建は4万 5千戸、3.9%増加、長屋建は2万 2千戸、14.9%減少し、共同住宅は、9万 3千戸、11.5%増加しました。
 一戸建の割合が低下傾向を続けているのに対し、共同住宅の割合は一貫して上昇しており、平成15年においても、39.8%と平成10年(37.6%)より 2.2ポイント上昇しました。
 北海道の共同住宅の割合は、全国平均(40.0%)とほぼ同じ割合ですが、一戸建の割合(54.1%)が全国平均(56.5%)よりも 2.4ポイント低くなっています。
統計表 表3-1、表3-2


住宅の建て方別割合の推移-北海道
共同住宅の階数別割合の推移-北海道
 ~ 共同住宅の中高層化が進行 ~

  共同住宅を階数別にみると、「1・2階」は33万 7千戸で、共同住宅全体の37.5%、「3~5階」は36万 5千戸、40.6%、「6階以上」は19万7千戸、21.9%となりました。
  平成10年と比較すると「1・2階」は1万7千戸、4.8%減少しましたが、「3~5階」は7万4千戸、25.6%、「6階以上」は3万6千戸、22.1%とそれぞれ大幅に増加し、共同住宅の中高層化が一層進行しています。
 北海道では、「3~5階」で平成10年からの5年間で全国平均(8.1%)を上回る増加率を示しています。(統計表 表4

 住宅の所有の関係
 
 ~持ち家住宅率は
    56.7%に上昇


  居住世帯のある住宅を所有の関係別にみると、持ち家が127万8千戸で、居住世帯のある住宅全体に占める割合(持ち家住宅率)は56.7%、借家は93万8千戸で、41.6%となりました。
  平成10年と比較すると、持ち家は 8万 4千戸、7.1%、借家は2万3千戸、2.5%とそれぞれ増加しています。北海道の持ち家住宅率は、全国平均(61.2%)より4.5ポイント下回っています。(統計表 表5
持ち家住宅率の推移-北海道
 住宅の規模
 
 ~専用住宅の1住宅当たり
    延べ面積は92.07㎡


 住宅の規模を居住専用に建築された「専用住宅」についてみると、1住宅当たり居住室数は4.53室、居住室の畳数は33.99畳、延べ面積は92.07㎡となっており、平成10年からの 5年間に居住室数で0.03室、畳数で1.22畳、延べ面積は、5.63㎡の増加となりました。
 全国平均と比較すると、1住宅当たり居住室数で0.24室、延べ面積で2.78㎡、それぞれ下回り、居住室の畳数で1.30畳上回っています。
統計表 表6-1、表6-2、表6-3
専用住宅の1住宅当たり延べ面積の推移
 高齢者等のための設備がある住宅割合
 高齢者等のための設備として、住宅内に手すりがある住宅は28.9%(うちトイレが13.4%、浴室が16.0%、階段が18.2%)、またぎやすい浴槽15.3%、段差のない屋内13.2%となりました。
 平成13年以降に建築された住宅では、住宅内に手すりがある住宅は54.2%(うちトイレ28.1%、浴室45.3%、階段34.2%)、またぎやすい浴槽39.2%、段差のない屋内54.0%で、高齢者等のための設備がある住宅は、最近建築された住宅ほど多い傾向にあります。(統計表 表7
統計表
エクセルファイル表1 総住宅数、総世帯数、1世帯当たり住宅数-北海道・全国(21KB)
エクセルファイル表2 居住世帯の有無別住宅数-北海道・全国(21KB)
エクセルファイル表3-1 住宅の建て方別住宅数-北海道(20KB)
エクセルファイル表3-2 住宅の建て方別住宅数-全国(20KB)
エクセルファイル表4 共同住宅の階数別住宅数-北海道・全国(19KB)
エクセルファイル表5 住宅の所有関係-北海道・全国(21KB)
エクセルファイル表6-1 専用住宅(総数)の1住宅当たり居住室数、居住室の畳数及び延べ面積-北海道・全国(18KB)
エクセルファイル表6-2 専用住宅(持ち家)の1住宅当たり居住室数、居住室の畳数及び延べ面積-北海道・全国(18KB)
エクセルファイル表6-3 専用住宅(借家)の1住宅当たり居住室数、居住室の畳数及び延べ面積-北海道・全国(18KB)
エクセルファイル表7 高齢者等のための設備がある住宅割合(平成15年)-北海道・全国(16KB)

内容についての照会先
生活統計グループ
内線 23-681