Switch View(SmartPhone)

Добро пожаловать на Хоккайдо
HOME > 友好・経済交流促進プラン

Прослушать  


友好・経済交流促進プラン


促進プランタイトル

  

北海道とサハリン州は、両地域の友好関係の促進と互恵的な経済協力の拡大を図るべく、平成10(1998)年11月22日に「北海道とサハリン州との友好・経済協力に関する提携」を締結し、平成12(2000)年、同提携に基づき、両地域の経済交流の促進を図るため「経済交流促進プラン」を策定しました。
 また、平成20(2008)年には、経済交流に加え、新たに友好分野の交流促進を図っていくことを目指し「友好・経済交流促進プラン」を策定しました。
 平成25(2013)年に策定した第3期目のプランでは、急速な開発政策による社会的発展課題等を踏まえ、食の安全・安心や健康・長寿、寒冷地の快適な生活の確保などの分野において、ロシア側の課題解決に、本道の技術やノウハウを活用し、道内の産学官金が一体となって市場参入を促進しようとする「貢献と参入」の視点により、両地域のウィンウィンの関係を目指した取組を進めてきました。
 平成31(2019)年には、これまでの経過や、近年の日露関係の発展を踏まえ、北海道とサハリン州が、日露の地域間交流の先進的モデルとしての自覚のもと、両地域の一層の関係強化を図ることを念頭に、第4期目となるプランを策定しました。基本的な方向性としては、極東3地域と締結した「地域間協力発展プログラム」に沿って、道が提案する5つの「協力パッケージ」をもとに、「食の安全・安心と健康・長寿」、「寒冷地の快適な生活の確保」、「自然環境の保全」、「エネルギーの地産地消」に、観光交流や、教育、学術、文化、スポーツ等の交流により、人的交流を拡大していく視点も加え、サハリン州との地域間交流の深化を図ろうとするものです。

 

北海道とサハリン州との友好・経済交流促進プラン

 

もどる

ロシア交流係新バナー