Switch View(SmartPhone)

Добро пожаловать на Хоккайдо
HOME > 地域間協力発展プログラム

Прослушать  


地域間協力発展プログラム


 

北海道とロシア連邦極東地域との地域間協力発展プログラム

 北海道とロシア連邦極東地域(サハリン州、ハバロフスク地方、沿海地方)との経済分野における交流拡大と関係強化を目的として、1992年9月に「北海道とロシア連邦極東地域との経済協力に関する常設合同委員会」が設立され、具体的な経済協力案件を登載した「北海道とロシア連邦極東地域との経済協力プログラム」が策定されました。

 以降、概ね5年ごとに改定を重ね、2018年7月10日に札幌市で行われた第22回定例会議において、第6期目となる「北海道とロシア極東地域との地域間協力発展プログラム」が策定されました。
 このプログラムでは、社会的課題の解決をきっかけにビジネスの拡大を目指す「貢献と参入」の考え方の下にこれまでに取り組んできた経済交流の拡大を図るとともに、新たに友好分野を加えた人的交流の拡大の視点も加え、日露の地域間交流の促進を図ろうとするものです。             

 

■ 第6期プログラムのポイント 【プログラムの柱】
  1  地域間の経済協力発展の促進
  2  地域間の人的協力発展の促進
  3  交通・物流ネットワークインフラ発展の促進
  4  対外的経済関係・投資協力発展の促進
 ◆ 経済交流
   平成25年に策定した第5期プログラムの「貢献と参入」の4分野に、「直行航空路線の開  

  設」を加えた5つの「協力パッケージ」の深化による経済交流の拡大
 【パッケージワード】
  1 食と健康  2 寒冷地技術  3 環境 
  4 エネルギー 5 人的交流(観光、航空路線等)
 ◆ 人的交流
   新たに友好分野を加えた人的交流の拡大
 →「経済協力発展」から「地域間協力発展」にプログラム名称を変更


地域間協力発展プログラム(PDF)【日本語】 (PDF)【ロシア語】