Switch View(SmartPhone)

Добро пожаловать на Хоккайдо
HOME > ロシア欧露部との交流のご紹介

Прослушать  


ロシア欧露部との交流


北海道とロシア欧露部との交流

交流の方向性

 北海道では、1992年に、サハリン州、ハバロフスク地方、沿海地方のロシア極東3地域との間で、「経済協力プログラム」を締結し、1990年代には「交流の基盤づくり」、2000年以降は「ビジネスを促す環境整備」に重点を置いて交流を進めるとともに、近年は、ロシア側の社会的課題の解決に本道の技術やノウハウを活用する「貢献と参入」の視点により、道産食品の販路拡大や、寒冷地技術、健康・長寿の分野などでの協力に取り組んできました。

 また、サハリン州との間では、1998年に「友好・経済協力に関する提携」議定書を締結し、行政や経済交流のみならず、友好団体、住民同士の信頼醸成にも貢献してきました。

 道とロシア極東地域との間では、これまでビジネス面において輸出手続や制度の運用での課題、保税施設の整備など改善が必要な事項があるものの、道内企業や自治体独自のコネクションを構築し、ビジネスパートナーの確保という最も重要な課題についても克服する企業も増えてきています。一方で、ロシアへの貿易や投資に関係する法制度や手続、流通システムなどは、中央政府の決定や判断によるところが大きく、極東の地方レベルでは解決し難いという課題もあります。

 ロシア欧露部にはロシア全体の人口の70%以上が集中しており、特にモスクワやサンクトペテルブルクはロシアの政治・経済・文化等の中心地です。
 ロシア極東との長年の交流の実績と経験を活かし、ロシアとの地域間交流の更なる深化を図るとともに、ロシアにおける北海道のプレゼンスを高め、本道経済の活性化に結びつけるためにも、欧露部で地域間交流を開始したサンクトペテルブルク市及びモスクワ州との継続的な交流と人的ネットワークの構築を本格化させて参ります。

※このページでの「欧露部」は、ロシア国内の8つの連邦管区のうち、ウラル山脈以西の5つの連邦管区(中央、北西、南、北コーカサス、沿ヴォルガ)を指しています。

ロシア欧露部における交流地域について

サンクトペテルブルク市

 2018年5月にサンクトペテルブルク市で、同年8月に札幌市で知事会談を行ったサンクトペテルブルク市とは、人的交流を含む友好・経済の促進に努めることなどに合意する内容の「協議の議事録」、協力内容の具体化や具体化を進めるための作業部会としてワーキンググループを設置することなどに合意する内容の「会談結果の議事録」に署名しており、署名時に合わせて策定した8分野24項目の「ロードマップ事業計画」を踏まえた取組を進めています。

 協議の議事録(2018年5月署名)
 (付属書)「ロードマップ」活動計画

 会談結果の議事録(2018年8月署名)
 (付属書1)協力発展に関する《ロードマップ》事業計画
 (付属書2)協力発展に関するワーキンググループ組織体制(2019年6月1日更新版)

モスクワ州

 2018年5月にサンクトペテルブルクにおいて知事会談を行ったモスクワ州とは、会談時に両地域間の文化・観光・スポーツ・教育分野における協力の促進や両地域の医療機関の連携を支援することなどについて合意する内容の「地域間交流の開始に関する議事録」に署名しており、これを踏まえた取組を進めています。

 地域間交流の開始に関する議事録(2018年5月署名)


  ロシアグループのトップへ